2017-01-11

ぼやっと様々な人々を眺めていて…



こんばんはです。

本日は一応所用はあったものの割にゆっくり出来ました。全部済ませてしまってからひたすら夕方は寝てしまっていて…まだ頭ボケてます~( ̄▽ ̄;)

そんな感じでのんびりしているのですが明日も病院に行かねばならぬ…。


僕はしばしばのんびりと人間観察などする癖があります。

自分に関わりのある人、無い人、たまたま見かけただけの人、etc…

そんなにじっと見てるわけじゃ無いんですがその人が今何を思っているのかな、とか考えてしまうわけですよ。仕草、言動、表情などからいろいろ思うわけですが。

僕は人の心のあり方をはかる時に、よく天台系の仏教で説かれる「十界論」をベースに考えたりします。

これは人の心の境地を簡単に10種類に分けて考える論理ですかね。

僕は一応ある宗派には属していますがそれにどっぷりではありません。他宗でも良い事言うなと思った教義はちゃんとそれなりに学びます。


十界論の十界とは…

地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界、この10種類境地のことですね。

細かい説明は興味がお有りの方はググってみるか仏教関係の文献等をあたってみて下さい。邪魔くさいのでここでは省きます。

普通の人間の心は六道輪廻、すなわち地獄~天界の中をぐるぐる回っているとされます。

怒ったり、喜んだり、苦しんだり…そういう気持ちは全て六道の内にあると僕も思います。

六道のうち下の3つ、地獄餓鬼畜生をまとめて三悪道といいますが、出来ればここには落ちたくないですね。人間として最悪な境地ですな…( ̄▽ ̄;)


僕の勝手な見方ですが、修羅界に居られる方ってのは結構居られる。しょっちゅうカッカしていて他者への不平不満が多いとか、喧嘩が絶えないとか、争うことが好きだとか…そんな感じですかね?

大体の犯罪行為の元になる心境は修羅か畜生なんでしょうね。ちなみに畜生の境地とは欲望に目がくらみ善悪の判断すら出来ない…そんな感じです。

ちなみに今の中国が国を挙げてやってる事はまさに修羅。それどころか己が欲望を満たしたくて堪らない畜生かも…。目を覚ましてくれる事を願いますが。

ま、そういう考えを元にいろいろじっと見てみるわけです…。

あーこの人は修羅だなーとか、己の欲望第一な畜生だなとか、目先の事しか頭に無い餓鬼だな…とかね。


上にも書きました通りやはり人に多いのは修羅かな。思い通りにならないと怒ったり、わがままを言ってみたり、攻撃的になったり、そういう人、多いです。

ん?僕ですか??僕は何だろう…少なくとも六道の上の四聖にはとても届いていないし、かといって攻撃的でも誰かと争う訳でも無いけど何か刹那的な喜びを感じてる訳でもない…

しごく平然としてる所が多いので…辛うじて人界にいるのでしょうか。ある仏教の書物には「平らかなるは人(にん)」と書かれてますし。

天界の喜びを得てもそれは長続きしません。一時すごく嬉しくてもずっとその気持ちが続くわけではありませんよね。僕的にはそんな喜びにはあまり興味無いな(笑)


まー皆さん、あんまりそんなにカッカしたりイライラしたりせず、出来れば人界の境地をキープしておきましょう。それで世の中はだいぶ平和になりますよ(笑)

こういう事言うとまた「出家して坊さんになれよ」とか言われるかな~( ̄▽ ̄;)


sodhiashiorikao002.png
(詩織)「管理人…お坊さんになるの?」(* ̄m ̄)プッ

(管)「だからならんて!…ちょっと興味はあるけどな(笑)」




にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村



スポンサーサイト
2016-12-08

戦争終わって70余年…。



みなさまこんにちは。

また少しだけ体調が↓↓↓になりつつあるいぬふりゃ☆です。

何とかしようと現在いろいろ薬飲んだりして頑張ってます…。


さて…

今日は何の日か、歴史を比較的良くご存知の方以外は意外に知られていないかも知れませんが…

今日、12月8日は日本海軍が寄港中の米太平洋艦隊に攻撃を行った、いわゆる真珠湾攻撃からちょうど75年目にあたる日です。

shinnjyuwan001.jpg

アメリカではこの攻撃はスニークアタック(だまし討ち?)だとして卑怯だとされている様ですが、事実はちょっと違うらしいですね…。

一応の表向きでは宣戦布告の文書が色々手違いがあって通達が遅れたので奇襲攻撃になった、とされている様ですが、本当に奇襲だったのかはちょっと「?」ですね。

実は攻撃のかなり前にアメリカ側は真珠湾が攻撃されるのを事前に知っていたという証言があったり…

実際真珠湾に停泊していた戦艦群は旧式艦ばかりで、新型や空母が一切居なかった事等を総合して考えてみると、僕個人の見解では「ハメられた」んだなと思っています。

当時の米大統領は戦争をしない事を公約の一つに挙げて当選したのもあり、自国側から戦争を仕掛ける訳にはいかなかった。しかし日本は何としても痛めつけてやりたい…

有色人種の分際で白人様に歯向かう生意気で邪魔な猿…そう思っていたフシもあったようです。

なので、石油の対日輸出の禁止やABCD包囲網(米・英・中・蘭)による経済封鎖、そして日本には絶対に飲めない条件を付けた最後通牒、いわゆるハルノートを突きつけるなどありとあらゆる嫌がらせ行ったのです…。

ハルノートの条件を飲むという事は、戦わずして降伏するのと同義だった様です。しかしこのままではいずれ亡国。

戦わずして滅ぶか、戦って滅ぶか…それまで欧米の横暴に我慢に我慢を重ねてきた日本は後者を選び、ついにアメリカの策略にハマって戦争を決意…これが実情な様です。あくまで個人の推測でしか無いですが。

そして日本は八紘一宇の考えのもと、大東亜共栄圏の実現を目指し英米蘭等に対して開戦となりました。

すなわち、欧米に植民地にされ搾取され奴隷のように扱われていたアジアの国々を解放するための戦い…というわけですね。

そして自国を滅亡から救うための自衛戦争でもあった。この事はあのマッカーサー元帥も証言しています。嘘だと思うなら調べてみて下さい。('ェ')

戦後の日本では押し付けられた自虐史観が蔓延り、この戦争は完全な侵略戦争で日本は完全に悪者だったとされて来ましたが、事実はだいぶ違うようです。

これは本やネットで得た情報ではなく、僕自身が昔東南アジアで現地のお年寄りから聞いたナマの話によりそう思うのです。

日本は侵略者だった、というのは植民地から追い出された白人や実利を貪っていた中国人の考えであって、アジアの人々はそういう風には思っていないというのが実情みたいでした。

ちな、何故世界中で英語が共通語の様にされているのか?それも元をたどれば英米の植民地支配が世界中に蔓延っていた事に起因します。

まぁこの事に関しては多くを語りませんが、何しろウソはいけません。僕はウソが嫌いです。僕が右翼的な思想を持っているという訳でも無く、ただ真実を知りたく思っているだけです。

嘘の教育やマスコミなどに長年洗脳されて来た多くの日本人には理解されないかもですが…。

こういう事に関して日本人は自分で考える能力を奪われている様に思います。自分自身で調べ考えるという事は哲学でも何でも基本中の基本なのですけど。

隣の無駄にでかい国とその腰巾着は今だに嘘八百を並べ立て、それを鵜呑みにしてしまう日本人が多いのは情けない話だと思います…。

終戦から70余年経った今こそ、冷静に振り返り本当の事を知るべきなのでは…。僕はそう思います。

こんな事を言うとお前は右翼かネトウヨか!と罵る連中も居るでしょうが、僕は先の戦争で立派に戦った陸海軍軍人を祖に持つことをちょっと誇らしく思います。( ^ω^ )

そして戦い終わってノーサイド。散華していった全ての国の英霊に敬意を表します…。


…今回はちょっと真面目なお話で申し訳ありませんでした…m(_ _)m



siorikao009.png
(詩)「75年前…気が遠くなるほど昔ですね…」('ェ')

(管)「しかし僕が小さかった頃は実際に戦争に行った先人からよく戦争の話を聞いたよ。」

(詩)「世界中で戦争してたなんて信じられないですね…」

(管)「ま、過去と同じ轍を踏まないためにも歴史の事実を知る必要はあるな。」



にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村



2016-11-26

憤慨




件の震災及び原発の事故により他所に避難されている多くの人達が、

避難先で謂れ無き中傷を受けて今も苦しんでいるという…。

精神未熟な子供が思いつくままに悪口を、と言うのは残念ながら有りガチだが、いい大人までもが放射能だの賠償金だのといった言葉を絡めて被災者を嘲笑う…。

残念ながら大勢の大人までもが被災者いじめに加担しているという。

苦しんでいる人々に更に追い打ちを掛けるとは…こいつら本当に日本人か?本当に人間なのか?

何とも情けなく恥ずかしい奴らだ…。

子供は親をうつす鏡と言われる。学校などで心無さ過ぎる酷い中傷をする子供というのは、親もたいがい下劣な鬼畜でしかない。

思いやりの欠片も持ち合わせない下賤で下劣な糞畜生は大人子供の区別無く一匹残らず殺処分してしまえ!日本の恥め!( `皿´)

ネット等でも色々日本人を自画自賛する様な話が多いが、僕自身はこの国の人間も実は大概そんなに褒められたものではない事を知っている…

が、それにしても情けない。

僕自身は昔からあまり周囲と上手くやれない所謂社会不適応者の端くれだが、こんな下衆な鬼畜ばかりな社会なら敢えて適応なんてする必要も無いかも知れない。こっちからお断りだ。

それでも僕は思いやりの心はちゃんと持っているつもりである。

半病身の身であるのでボランティアなどには行けないが、先の震災の時はせめてもの気持ちとして幾ばくかのお金を送らせて頂いた。今の僕に出来る精一杯の事だ。

もし被災された方々が住む家も無いと言うなら、もしこちらに来られるならためらい無く自宅の一室は提供させてもらうつもりでいる。

僕自身はこんな身体なので何のお世話も出来ないが、それくらいは出来るはず。

困った時はお互い様だ。本来人間はそういう気持ちを持っていて当然なのでは??

正しい人間は苦しむ人々に寄り添い、同苦して励ますのが当たり前だ。そしてそれにみかえりなど求めるものでも無い。

お天道様はしっかり見ておられるぞ…。

しかし実際の世の中は…。

人間達の下卑な根性を目の当たりにするたび、僕は人間をやめたくなる。

僕が密かに自分の寿命が早く尽きるのを願っているのは…人間という下劣な生き物にいい加減ウンザリしているからに他ならぬ。




にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村




2016-10-18

アタマがくらくらする~…



みなさまこんばんは~(´・ω・`)

どうにか今日も1日終わりました…。

明日は休みにしたので徹底的にぐーたらしてやろうと思っているいぬふりゃ☆です。

以前からずっと身体の調子が良くないのは相変わらずなのですが、ここ数日はまたそれが結構ひどい感じになっています( ´•ω•`)

それでも仕事とかはやらないといけないので背広着て出かけるのですが、用事が終わって帰ってきて着替えて…とやっていると、フーッ…と気が遠くなる事もしばしば。

自室に戻ってベッドにひっくり返るともう動けません…。

眠っていたのか気を失っていたのか、気が付くと翌日だったという感じです(;・∀・)

そんな状態なのでラクガキとかは一切描いていないので載せるものがありません…。

明日でも…何かスケッチでもかければ載せるかもですが。

とりあえず今日は軽く更新だけ…って感じです。


soshiakao002.png
(そ)「ここ最近毎日ふらふらですねー。大丈夫なのかな?」

arukokao0020.png
(あ)「管理人が突然○んだら、姉さんの未公開の恥ずかしいスケッチがそのまま…w」

soshiakao002.png
(そ)「エッ…!!」(//〇__〇//)

……。

何か勝手な会話してますが…多分大丈夫だと思われます…(;´∀`)


これだけで終わったらちょっとアレなので、もう少しグダグダと綴ります…。

みたび、海外であったちょっとしたエピソードでも書いておくかな。('ェ')フム

日本の歴史教育では、先の大東亜戦争の時の日本はアジア各国を侵略した、酷い事をしたと教えますし、隣の国のかなりアレな連中もそういう事をガナッていますが…

僕の実際の体験で考える限りでは少し違うのかなという感じなのです。

東南アジアからバルカン半島の僻地までの旅の途中で立ち寄った、マレーシアのある田舎町での事。

あるマレー族のお爺さんと会話する事があったのですが、その爺さんは僕が日本人だと知ると大いに喜んだのです。

爺さん曰く、子供の頃に見た、日本軍が英国軍を蹴散らす様が痛快でそれ以来ずっと大の日本びいきだとか…。

爺さんも僕もそんなに英語が上手ではなかったのでたどたどしい会話でしたが、爺さんはマレーシアが国になった(独立したという意味らしい)のは日本人のおかげだとも言ってました。

傍で話を聞いていた他の人(多分マレー族)も否定はしなかったので、あちらの人達(マレー族に限る)の認識はそんな感じなのでしょうね。

当時から利権を牛耳っていた中国系(華僑)の連中の認識は違うっぽいですが。

それでも当時、何か学校の教師の話と随分違うなあという印象を受けたのを覚えています。

本当に酷い事をしたなら、散々罵倒されて追い出されているところでしょうが…。


似たような事はミャンマーでもありました。また相手は爺ちゃんですけど。

当時の首都ヤンゴン(ラングーン)からかなり北方にあるマンダレーという街の近くの村の市場で、僕は知り合いになった現地の兄ちゃんと話し込んでいたのですが…

そこにどこからか一人の爺ちゃん登場。

兄ちゃん曰く自分のおじいちゃん(それともひいじいちゃん?)だそうでした。最近日本人と知り合いになったと話をしたので会いに来たんだと言ってました。

爺ちゃん、やっぱりたどたどしい英語で自分の家まで来るように僕に言うんですよね。

誘われるままついて行って…まぁ話の流れ的には先のマレー爺さんと大体同じ。

そしてそこでは爺ちゃんによる日本の軍歌(!)熱唱というびっくりサプライズ付きでした(笑)そしてかなりのおもてなしを受けてしまいました…。

大小の差はあれど、東南アジアではどこでもそんな感じでした。

希な例外としては…韓○人にいちゃもん付けられたくらいでしょうか??


最近ではネットなどの影響もあり徐々に真実が知られる様になって来ましたが、それまでの自虐教育や某国の主張がどれだけ嘘ばかりなのか…。

本当の事を知る、教えるという事は大事な事だと思います。それでは都合が悪い連中も居るのは確かですが。

僕は直接リアルに体験した事を信じるまでですね…。




にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村



2016-09-16

いよいよ本気モードになって来たのか…(。・_・?)?




みなさまこんばんは。(゚Д゚)ノ

なぜかしつこい咳が止まらないいぬふりゃ☆です。(>o<;))((;>o<) ゴホゴホ


あー、今日も釣りには行けていませんしラクガキもやってません。

ちょいと調べ物をしたり注文書きったりしながら過ごしておりました。

ま、それは良いとして

先月末に、また海上自衛隊のでっかい護衛艦が出航(?)しましたね。

置いてあるのが神奈川某所という事で、そこからかなり遠いところに住んでる僕は当然そのお姿をナマで拝見していないわけですが。

現在まだ装備をいろいろ取り付けている最中で、就役は来年になるそうですが…。

あ、忘れるトコでしたが、艦名は「DDH-184かが」と決まったそうですね。

全長248m、全幅38m、排水量19500t、という事で護衛艦としてはかなりでかい(笑)


DDH-184_かが

加賀と言えば僕みたいなミリヲタ&歴史好きならずとも知られている帝国海軍の主力空母の一隻。

この名前を改めて襲名させるとは、ある意味胸熱( ;∀;) カンドーシタ

海軍将校だった爺ちゃんがもし生きていたら…随喜したかも知れない…。


どうでもいい話ですが、

b91c060ddcb2991c83816bba4ee0c8ec.jpg

これ↑とは何の関係も無いと思われます(笑)


ここのところ横暴が目に余る頭のおかしい某中国に対抗するためには、これぐらいの艦艇を配備するのも必要ですよね。

聞いた話レベルで確認はしてないですが、海自にはさらに4万トン級護衛艦を2隻持つ計画があるとか無いとか…。

次に配備するその2隻はDDHじゃなくてDDACで、

そして艦名は是非とも「翔鶴」「瑞鶴」でお願いします。m(_ _)m


そして更に新しく、F-35A(J?)42機配備と、現在使用中のF-15J及びF-2の大幅な改修(ミリヲタの間では“魔改造”と呼ばれているw)も随時始まる…

という事で、日本もいよいよ本気になって来たという感じですかね。

しかしこれは必要で仕方の無い事だと思います。暴力団そのものみたいな全く話が通じないキ○ガイ中共が暴れる限り、それに対抗する力は絶対必要ですから。

奴らは「話せばわかる」相手ではありません。狂人に道理が通じない様なものです。ならば物理的な力で対抗するしか無い。

頭の悪い左の連中が何をキャンキャン吠えようが、国を守るためには絶対軍事力は必要。

自衛官の皆さん、これからますます大変でしょうが頑張って下さい。陰ながら応援しています。

僕個人としては自衛隊の装備はさる事ながら、あの驚異的な練度と統制があるならば隣の狂犬如きには負けないと信じていますが…。




にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村






Copyright (C) ☆Hogering LineBreaker☆. All rights reserved. Template by Underground
まとめ