2017-04-28

古い本を…。


皆様こんばんは。(*・ェ・*)ノ~☆

身体の調子が良くなって来たかな?と思ったらまたちょっと辛くなったりを繰り返していて冴えない感じのいぬふりゃ☆でございます。

そんな調子なのであまりうろちょろする事も出来ず、

かと言って何か絵を描いたりする集中力も無く…でもずっと横になってますので眠るのにも限界があり、仕方なく本棚の奥から古い本を何冊か出してきて流し読みしてました。

純文学は頭痛くなるし(一応大量に持ってますが)仏教思想の書物も多分今の頭では理解出来そうにないし…

個人的には古典的ホラーとか幻想文学などが好きなんですが、ちょっとその系が置いてある棚に手を伸ばすには脚立持ってこなきゃ届かない…

ん?どんなのが好みかと言うとですね、海外モノだったら古くは有名なエドガー・アラン・ポー著作辺りから始まって某ラヴクラフト著作も全巻ありますし、A.ブラックウッド作品とかもいいです。

しかし僕の持っているのは殆どがふっる~い本ですけどね。

ラヴクラフトと言えど僕はあからさまなクトゥルー系はあまり好みませんが…。そういうのは後の作家達が書いたものばっかですし。

今ではアニメの題材になったりゲームになったりでかなりライトに扱われていて、ちょっと「何だかな~」と思ったりもしたり…。

他に…個人的にお勧めできるのはフランスの作家、ガストン・ルルーの短編集(?)「ガストン・ルルーの恐怖夜話」ですかね。これは結構怖いです。ガクブルモン…

それと最近のモダンホラー系ならやっぱり外せないのは某S.キング著作でしょうか。

SFだったら…むか~しからレイ・ブラッドベリ(SFなのか?)やらフィリップ・K・ディック作品が好きですが、後者は内容がぶっ飛びすぎてる事もあるので人によっては向かないかも。

ま、そんな感じで書庫をがさごそやってましたが…

結局出してきた本は上記の系統とはまるで違うと言う(笑)


1冊目。

img20401.jpg

イスラエル建国から第一次~第四次中東戦争において、イスラエル側の戦闘機パイロット達の手記をまとめた本です。

アラブ側・ユダヤ側どっちが良いか悪いかは置いといて、実際に戦闘機に乗って戦った人たちのリアルな体験談という意味では貴重だと思います。

パイロット諸氏の極限での精神状態ですが、意外なほど冷静で驚きます。

まぁそういう毛が生えてる様な心臓の持ち主でもなきゃ戦闘機なんぞ乗れませんよね…。

表題見ての通りもちろん日本語訳の本です。僕はヘブライ語読めません(笑)


2冊目。

img20501.jpg

サブタイトル見ての通り、結構古い本です。

大日本帝国海軍の主だった軍艦(戦艦・空母から潜水艦まで)をまとめた写真入りの解説書…みたいなものと言えば良いのか。

そういえば軍艦の絵がいいって仰ってた方も居られたな…と思ってとりあえず資料棚から引っ張り出して来ました。

しかーし!仰られていた某艦艇・特型Ⅱ級は解説が載ってるだけで写真も図面も何もありゃせんでしたわ(笑)残念。

もちろんこの書籍が出た頃には「艦これ」のかの字もありませんでした(笑)


3冊目。

img20601.jpg

何故かバックパッカー向けのガイドブック(笑)

これは海外放浪から帰国してから、おさらいというか懐古というか、そういう意味合いをこめて入手した本です。

しかし今は役に立ちません。情報が古すぎます(笑)

どこかで書きましたが、旅してた時に僕が持ってたのは貰いもんのぼろくなった「ロンリープラネット」でしたが、それには及ばないながらもそれなりに役立っただろうと思います…当時なら。

表題ではバンコク(タイ)からイスタンブール(トルコ)までとなってますが、ホントにその間の情報しかありません。バングラディシュもミャンマーも載ってません。

バンコクからカルカッタ(インド)までは飛行機で行くことが前提になっちょります。

ついでに…

以前に書いた旅の途中で何故か記憶に残った国の事を書いた記事、改めて貼っておきます。

トルコ編
ミャンマー編
ネパール編
ラオス編
ギリシア編

…これだけしか書いてませんが、宜しかったら暇潰しにでもどうぞ(笑)

え?シリはどうしたですと?それはまた改めて…(汗)



にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

こんばんは。何だか図書室クラスの本棚を想像してしましますw

最近買った本で系統が近いのが・・・「サイパン戦車戦」
・・・いえ、積んでいてまだ読んでないのですがw


今は「占守島の戦い」なんてのを読んでます。
九五式を組んでて気になったので読んでいるのですが、戦車や飛行機組む度に史実書なんかを読んでたらあっという間に部屋が本で埋まりそうですね(^_^;)

いぬふりゃ☆さんはそんな感じなんでしょうか?

こんばんは!
体の調子なかなか安定してくれませんね(´;ω;`)

色々本をお読みになさるのですねー。
アジア横断の本の表紙のトラックめっちゃ派手ですね!デコトラみたいです!
いぬふりゃさんの旅記事は普段自分が体験できないようなことばかりで読んでいてとても面白かったですよ(*‘∀‘)

俺は本というと...最近はエ〇漫画しか読んでないですねww
女体の描き方やポーズの描き方の参考にもなるし実用性もあるしで最高です!!

こんにちは~!
本は本でも、マンガばっかり読んでる私が来ましたよ(;´∀`)ノ

クトゥルー系って、ねろねろぐにょぐにょした触手モノっていうイメージです( ̄▽ ̄;)ウフッ
すごい浅い知識でスミマセン・・・。

あっ!今度邪神に襲われてる詩織たんのけしからんイラストをおなしゃーす!

Re: タイトルなし

>>勝奈たまよしさん

こんにちは。
いや~…流石に図書館レベルにはなっちょりませんよ(笑)
自室の壁の一つの面が本棚で埋まってるのと、納戸に本が山積み…それ位の感じです。

僕は地上戦にはあまり詳しくないのですが、やっぱりサイパンでも…
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするばかりですね…。
占守島の戦いと言えば思い出すのが、当時大勢いた工場の女工さん達を逃がすため、果敢に戦った部隊の逸話ですかね。
しかし今も昔もロシア(ソ連)ってのはやり方が汚いですね…。
日ソ不可侵条約を一方的に破って日本領に攻め込み、あばよくば北海道を奪い取る作戦だったそうですね。

まぁ…そうですねぇ、だいぶ整理しましたが航空機関連の書籍は押入れの中にイパーイです(笑)

Re: タイトルなし

>>ANTARESさん

こんにちは。
そうですねえ~…体調は一進一退って感じです。
今日は休日なのを良い事に昼過ぎまでひたすら寝てましたけど身体重い…(汗)
本は好きですよ。
最近は読む量減りましたが、文学から始まって哲学から短編小説までいろいろ…
でもライトノベルは読みませんけどね(笑)
この3冊目の本の表紙のゴテゴテな車は、多分パキスタンの通称「キンキラバス」ですね。
僕も乗りましたが、見た目と同じく音もやたらやかましかったです…。

○ロ漫画実は僕もたまに「何かの参考にならんかな?」と見る事があります(笑)
しかしキャラの体型がおかしかったり構図に無理があったりで…なかなかですねぇ~(汗)

Re: タイトルなし

>>rainbowcubeさん

こんにちは。
ふははは!さっきまで(昼1時)寝てましたよワテクシ…(笑)
いいんです。GWですから。
自慢じゃありませんが僕の部屋には殆ど全く漫画はありません。
読むとしたら…たまーにネットで「参考資料無いかな?」とエ○漫画を…(笑)
しかし同人系とかは絵柄がいまひとつであんまり…

そうですねえ、ゲームやアニメ等でクトゥルー系を知った方々の認識ってばそんな感じなのかな(笑)
ラヴクラフト著作ってのは文章上の遠近感を駆使した幻想ホラーというか(解り難いw)そんな感じが主なんですけどね。

邪神に襲われてる…おおう…難題を仰る(汗)
あ、あれ系ですか、ひょっとして…大事な部分に触手が×××とか…(大汗)
ま…前向きに検討してみます…(滝汗)

いぬふりゃさんは結構マニアックな本をお持ちなんですね。
自分も一時期丸とか×・・・もとい世界の艦船とか買ってたことありますが、
虹主婦さん同様最近はマンガしか買ってないですねー(^_^;)
あー触手責めにされるオシリーナたん自分も希望です(//∇//)

Re: タイトルなし

>>ponchさん

こんにちは!
マニアック…そうですねぇ、言われてみればニッチな本も多いかもですね。
こんなの誰が読むの??みたいな(笑)
丸とか×(笑)ですかー。僕はミリタリー系雑誌は航空機に特化して読んでた(る?)ので、
航空ファンとかばっかりですね。
漫画かぁ~~~最近ちっとも目にしてないです。どんなのが今人気なのかすら知らないです。
うぉう…!また触手でございますか!!って、そんなの描いた事無いですよ~(汗)
なので確約は出来ないのですが、そういうお話があるという事を頭に入れておきますね…。

確かに日本でのクトゥルフの扱いは凄いですよね。笑
自分はアニメ系のもの結構楽しんでましたがw

まぁ日本に上陸したら、もはや避けて通れないのかもしれません。笑

Re: タイトルなし

>>夢月亭清修さん

こんにちは。
そうですねー、あの原作の古典的文章とか背景とかを良く知ってる者からすると、
日本においてライトな可愛い(?)感じにアレンジされまくってるのを見ると…
ちょっとどころかかなり「?????」って感じになっちゃいます(苦笑)

今現在の日本に持って来られたら、何でもかんでも萌え要素絡みにされちゃいますね。
僕はずっと以前に伝記で読んで以来好きなパイロットの一人、某バルクホルン少佐がケモ耳少女にされてるの見て…
唖然とした記憶があります。今は見慣れましたが(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) ☆Hogering LineBreaker☆. All rights reserved. Template by Underground
まとめ