2017-05-11

模型再掲載その②です(*^・ェ・)ノ


みなさま今晩は。

本日は病院巡りツアーをしてきたいぬふりゃ☆です。

さて。

先日、戦闘機の模型画像・日本陸軍機編をやりましたが…低評につき続編です(笑)

今度はいろんなもんをごちゃ混ぜにしてお送りします~。

後ろに洗濯機が写ってますが気にしたらあかん(笑)


先ず、日本海軍機編。

051117 001

零式艦上戦闘機二一型。

言わずと知れた零戦の初期生産型です。

051117 003

大東亜戦争緒戦では向かう所敵無しだった伝説の(?)名機ですな。

無敵の零戦伝説を作ったのはこの二一型だと言えると思います。

しかし…徹底的な軽量化のため機体は脆く防弾装備も無きに等しく…そのため戦いが続くにつれて次第に人的にも損害を増やして行ってしまいました。

ちな、この模型は「ラバウル三羽烏」と言われた内の一人、坂井三郎さん(最終階級中尉)の機体を模してみたものです。


051117 005

零式艦上戦闘機五二型。

1943年から運用され始めた零戦の後期生産型です。

051117 004

一般の方が零戦と聞いてまず真っ先に思い浮かべるのはこちらの機体ではないかと…。

二一型、二二型、三二型などの欠点を見直し、防弾装備や発動機のパワーアップなど様々な改良がなされましたが時既に遅しの感は否めず…

御存知の様に戦争末期には多くの搭乗員と機体が特攻に散りました…(涙)

願わくば散華された方々の御霊が安らかならんことを祈ります…。合掌。


051117 008

海軍機の番外編でこれも…。十七試艦上戦闘機・烈風試作型。

零戦の後継機として計画され試作された機体です。生産機数8機のみ。

051117 007

当時の写真や諸元が書かれた仕様書などが現存するそうですが、残念ながら実機は存在しないらしいです。

この機がもう少し早く登場していれば…いや、それでも戦況はあまり変らなかったかな…。


ドイツ国防軍機編。

051017 011

フォッケウルフ・Fw190A-4。

051017 012

後述するメッサーシュミットBf109の補助的な戦闘機として計画・生産されましたが、

期待以上の性能を発揮し各前線で活躍。


051017 007

メッサーシュミット・Bf109E。

言わずと知れたドイツ空軍の主力です。ただし一番数が多かったのはG型だったとか。

051017 006

敵たる英国のハリケーンやスピットファイアに勝るとも劣らない戦闘機とされていて、英国本土侵攻作戦(いわゆるバトル・オブ・ブリテン)辺りまでは主力を張っていましたが、

その航続距離の短さがネックになり、その為にドイツは英国侵攻を諦めたとも…。

ドーバー海峡を越えて英国まで飛んでも、ロンドン上空に10分しか居られなかったそうな。


051017 003

フォッケウルフ・Fw190D-9。

作ったのたいぶ前なのでデカールが浮いてきとる…まぁいいか(笑)

051017 002

高高度性能をUPさせるため、上記のFw190A型のエンジンを液冷式にかえたもの。

しかしせっかく高高度まで上がれる様にしたはずが、戦争末期にはもっぱら対地攻撃に使用されたというのは皮肉な話…。


ついでにこれも、アメリカ軍機編。

051017 008

P-47Dサンダーボルト。

051017 009

大戦後半からP-51ムスタングと並んでアメリカ陸軍の主力となった戦闘機。

12.7mm機銃×8という鬼のような重武装、やたら頑丈な機体、まさにバケモノ…(汗)

滅多と撃墜されることは無かったそうですが、日本軍の一式戦及び三式戦に撃墜されたという記録も残っているようです。


051017 004

F4U1A・コルセア。

F6Fヘルキャットと並んで日本人にはある意味知られた機体かも…ですね。

051017 005

米軍空母艦載機による本土攻撃などで「道を歩いていたらコルセアが飛んできて機銃掃射を受けた」なんて話も僕は聞いた覚えがあります。

相手となった日本軍機の搭乗員の証言では、F6Fヘルキャットは難儀な相手だったがF4Uならそれ程でもなかった、というのが残っています。

それでもコルセアも日本機をバコバコ落としまくった(2140機だそうです)のには変わりないですが。


という感じで…部屋に積んである模型をまた大挙して載せてみました。

でもこれで全部じゃないのですよね~(汗)

納戸に入れてる分まで出してくるのは面倒なので、今回はこれだけでご勘弁を…。



にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
待ってましたあ海軍編~(^-^)
その零戦52は丙型でしょうか?栄三一が戦力化できていればもっとマシに戦える機体になっていたと思うんですよね。残念…(ーー;)

設計思想ではアメリカ機も好きですね。多少不格好でも使い勝手や量産性、生存性を重視って大事ですもんね。
ジャグとシコルスキーはヘルキャットとマスタングの影に隠れて一般的にはマイナーな感じしますが、特にジャグとは戦いたくないです(><)
野心的設計で失敗したシコルスキーも、結局戦後もしばらく使われていた名機に進化しましたし。そんな多方面に人手をと資金を回せるアメリカ恐るべしですね!

Re: タイトルなし

>>さかえ21さん

こんばんは~。
海軍機編ですが、零戦三二型は友人にあげてしまい、紫電&紫電改は納戸の中、
そして雷電二一型はキットがあるだけで組んですらいないという…(笑)
多分ですけどこの零戦五二型は丙だと思います。箱と取説にそう書いてあった記憶が…(汗)
まー仰るとおり発動機が…ですねえ。全開で千馬力ちょいでしたっけ…。

そうですねえ、米軍機はP51DやF8Fを除くとどれも無骨で不格好ですけど生存性の高さなどは凄いですね。
僕としてはF4Fやカツオブシまではまだ許せるんですが、F2A…あれは駄目だ…(汗)
P47はPCソフト用にいろいろパーツ組み合わせてデータをスペック表通りにして入れてるんですが、
出力MAXで飛ぶと旋回不能になる、対地攻撃しようと調子のって急降下すると引き起こせなくなるなどなど扱いが難しいです。
が、日本機相手なら一撃で木っ端微塵にする脅威の破壊力ですよ~。

こんばんは!
零戦といえば濃緑色を思い浮かべますが、初期生産型ってこんな色していたんですねー!
どの機体の名前もかっこいいのですが、ドイツ機の名前の響きが特にかっこいいですね。
なんというか中二心をくすぐられます(笑)

Re: タイトルなし

>>ANTARESさん

こんにちは。
そうなのですよ。日中戦争~ソロモン侵攻作戦あたりまでの零戦はだいたい明灰色(?)で塗られてます。
それからだんだん変って行ったようですね。
ドイツの兵器は飛行機に限らず中二っぽい名前が多いですね~。
ドイツ語の響きがそう思わせるのでしょうか??
昔知人友人だったドイツ人同士のドイツ語の会話横で聞いてて「こいつら何怒ってるんだ?」と思った記憶が…
まあ普通の会話だったみたいなんですけど(笑)

こんにちは。
プラモデルの作れない建築模型屋です(笑)
低評だったんですか(笑)
実は、その低評だった記事にコメントしようと
思ってたんですが、技術談義になりそうだったんで
止めたという記憶が。。。
というわけで、今回も関係ないところからコメント。
洗濯機!
いいなぁ。洗濯機、持ったことないんですよね~
一人暮らしをしてから一度も手に入れた事がない。
家で洗濯できたら、さぞラクだろうなー
・・・なんちゅうコメントだ(笑)

Re: タイトルなし

>>バケツさん

こんにちは!
え?建築模型屋さんがプラモ作れないとかかなり意外ですね(笑)
まぁ得手不得手があるのは仕方ないですよ。
そうですねぇ~イラスト関係だと割に皆さんからのリアクションは頂けますが(例外もあります)、
こういう模型関係等だと結構…ですね(苦笑)
やっぱり皆さん絵を楽しみにして下さっておられるのか…。
洗濯機いいでしょ、ウフフ…。全自動ですよ~。
でも洗い物が少ないのであんまり役立ってないのはナイショです(笑)

こんばんにゃ~!(>∀<)❤
おおッ!!すごい!!!航空機だ!!!
いぬふりゃさま、いっぱい持ってらっしゃるのですね!!!
最初のところが自衛隊機で、「お!かこいい!」と思ったのですが、ドイツ機もよいですねえ~~~❤
たまらんらいんだ…(>ω<)❤

Re: タイトルなし

>>Baby pink amyさん

こんばんは!
ほい、この記事は飛行機模型特集(?)でございます~。
僕の部屋の棚の上や納戸の中、そして入りきらなくて床に積んでる模型は90%以上飛行機ですよ~。
どんなけ飛行機が好きなんじゃ!って感じですが…(笑)
自衛隊機と言うかジェット戦闘機の絵、またリクも頂いてはいるのですが資料が足りなくて…(汗)
欧州の機体でもドイツ国防軍の飛行機は独特のカッコ良さがあって僕も好きです。
たまらんラインですか??ううむ、僕的にはオナゴのウェストのくびれラインと甲乙付け難い…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) ☆Hogering LineBreaker☆. All rights reserved. Template by Underground
まとめ