2016-12-13

メカ物絵のまとめ。


じわじわと枚数が増えてきましたので、

これまでに描いたメカ物の絵…と言っても殆ど車&飛行機ですがまとめて貼っておきます。

なお、これらの絵は殆ど全て僕が写真を見て模写して描いたものになりまする。

よろしければご覧になって下さい…。ちなみに順不同で貼ります。

尚、完全自己満足の世界ですので「この下手糞!もっとちゃんと描け!」等々のクレームは一切お受けしませんので悪しからず(笑)


mitubishiF1kansei001.png

航空自衛隊にて2006年まで運用された支援戦闘機、三菱F-1。

世界標準から見てもお世辞にも優れた機体とは言えませんでしたが、70年代後半から長きに渡って日本の国を守ってくれていた有り難い戦闘機です。

後継のF-2にその任を譲り、現在は全機退役済みになっています。


F104s005kansei

世界15カ国にて運用された、ロッキードF-104スターファイターであります。

日本でもJ型が航空自衛隊で運用されていました。(ちなみにこの絵はイタリア空軍仕様のS型になっとりまする)

僕もずいぶん小さかった頃、この戦闘機が飛んでる所を何度も見かけました。

現代ではもう博物館行きの骨董品戦闘機ですなぁ…。


M2C5nuriowari001.png

フランス、ダッソー社の戦闘機ミラージュ2000であります。

一応模写の参考にした写真にはC型とありましたが、各種装備の装着の仕方からどうも5型の様に思われ…なので表記は5型にしました。

エアバス社の民間機以外では日本ではフランス絡みの航空機は見かけないですが、ミラージュ2000は隣国の台湾空軍が運用しています。

正式な交流が無いので日米間の様に戦闘機が行き来する事はありませんが、最近の極東情勢から見ても台湾空軍のミラージュは大事な味方の戦力かなと。


su-24kansei001-083.png

主に旧ソ連邦諸国で今も運用中の、スホーイSu-24であります。

設計自体はかなり古い機体ですけど今でもバリバリの現役航空機ですね。

ロシアに至ってはいまだに570機以上運用中だとか何とか…。

今の日本の仮想敵国(いやリアルに敵国か?)はシナですが、考えてみればロシアも脅威と言えば脅威なんですよね…。


jaguarkansei001.png

英国&仏国共同開発の攻撃機/練習機、JAGUAR GR Mk.3です。

またまたマイナー機ですがいいジャマイカ(笑)

英仏始め、世界6カ国くらいで運用されましたが、確かインドはまだ飛ばしてる様な?

特性としては日本の三菱F-1と似たり寄ったりですが、F-1が練習機(T-2)ベースの攻撃機なのに対し、ジャギュアは攻撃機から練習機が派生したトコが違いでしょうか。

ちなみに両機は同じエンジン積んでたりしてました…。これマメな(笑)


紫電改 kansei002syou

平成29年8月1日追加分。

大日本帝國海軍局地戦闘機、紫電21型(紫電改)であります。

この時は紫電改運用部隊の中でも特に有名な松山343空の機体を描きました。

時期的に乗機なさっていた菅野直(かんのなおし)大尉の御命日と云う事で…。

負けるとわかっていながら日本のため愛する者のため、果敢に戦い散っていった若者達の事を、我々は忘れてはいけませんね…。


Super-Etendard-kansei008-02.png

平成29年9/23追加分。

フランス・ダッソーブレゲー(現ダッソー)社製艦上攻撃機、シュペルエタンダールです。

これもマイナーかつ息の長い飛行機ですが、現在後継のラファールM(海軍型ラファール)と順次入れ替えが進んでいる様です。


Su-27 塗り完成002-082-087

平成29年9/28追加分。

旧ソ連邦、スホーイ設計局にて設計されたCy-27(Su-27)であります。

登場した当時、その洗練されたスタイルと特異な飛行性能で、自分も「何かとんでもないのが出てきた!?」と吃驚した記憶アリです。

しかしほぼ同時期に出たMig-29って最近全然聞かない。

ミグとスホーイ、いったいどうしてこんなに差がついたのか…。


23塗り完成006-001

平成29年10/5追加分。

こちらも旧ソ連邦・ミコヤングレヴィッチ設計局にて制作の、Mig-23BNになります。

旧東側諸国や中東を中心に23シリーズは広く運用され…

そしてまだ現役で飛んでるところもあったりする。ちな、今回の塗装は今はなき国家、東ドイツ空軍機になります。


f-15e完成00501

平成29年10/13追加分。

米マクダネルダグラス製、F-15Eストライクイーグルであります。

飛行機絵の10枚目と云う事で思いっきりメジャーな機体に手を出しました。

このE型と違って日本で飛んでいる空自のJ型は完全な制空戦闘機ですが、ちょくちょく飛んでるので見かけた方も多いのではないでしょうか。


TYRREL019Kansei003.png

ティレルF1チーム1990年度のマシン、019型であります。

あの中嶋悟氏がドライブされたマシンですが…目だった結果は残せず…。


JGX191kansei005.png

ジョーダングランプリF1チームのデビューマシン、191型。

デビューイヤーながら完成度の高いマシンでなかなか健闘しましたね。


C34kansei0014.png

ザウバーF1チーム2015年度のマシン、C34型。

過去の戦績がウソだったかのように低迷してましたが、それでもザウバー頑張った!

…けど、トップリーダーまでの道のりは今なお遠い…。


LOTUS79kansei001.png

チームロータスF1、1978年度のマシン79型。

その車体の完成度とカラーリングの美しさから、通称「ブラックビューティー」と呼ばれた…

のですが、僕が描くとヘボい(笑)


JGR R1001

ジャガーF1チーム2000年度のマシン、R1型。

ベースになった前年度のスチュワートGPのマシンがかなりの出来だったので、更に改良されたR1はさぞかし凄い走りを…!

そう期待させましたが、いざフタを開けると色々残念だった可哀想なマシンでした…。


TF103kansei002.png

トヨタF1チーム2003年度のマシン、TF-103型。

いろいろゴタゴタあった問題のマシンでしたが、実際の走りもお世辞にも速いとは言えず…

それでもトヨタは頑張って、後に予選1位(ポールポジション)をとるまでに成長。

しかし結局F1から撤退するまで優勝には手が届かず…。無念。


とりあえずこれまでに描いたメカ物はこれで全部…かな??

なんやたったのこれだけかい、とは言わないで(笑)

以上、メカ物まとめでございました。お粗末さま~…。



にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ>
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) ☆Hogering LineBreaker☆. All rights reserved. Template by Underground
まとめ