2017-10-08

口ずさんでいた歌


ある方とのコメントのやり取りの中で思い出した、

僕が海外放浪中もしばしばくちずさんでいた歌。

色んな人に会っても、あの頃から僕の心は孤独だったんだな…。



以下意訳 Byおいら。

If you search for tenderness
君が優しさを探しているとしたら
It isn't hard to find
見つけるのは難しくはない
You can have the love you need to live
生きていくのに必要な程の愛なら手に入れる事は出来る
But if you look for truthfulness
でも君が誠実さを求めていても
You might just as well be blind
盲目で探している様なものだ
It always seems to be so hard to give
誠実であることを見つけるのはいつも本当に難しい

Honesty is such a lonely word
「誠実」なんと虚しい言葉
Everyone is so untrue
誰もがとても不誠実なのだから
Honesty is hardly ever heard
「誠実」なんて聞く事も少ないが
And mostly what I need from you
でも僕は君にこそそれを求めたい

I can always find someone
いつでも誰かを見つけることは出来るだろう
To say they sympathize
同情を口にしてくれる人なら
If I wear my heart out on my sleeve
僕が何でも正直に気持ちを話していれば
But I don't want some pretty face
でも綺麗な顔をしながら
To tell me pretty lies
綺麗事の嘘をつく人はいらない
All I want is someone to believe
信じられる人だけが欲しい

Honesty is such a lonely word
「誠実」なんと虚しい言葉
Everyone is so untrue
誰もがとても不誠実なのだから
Honesty is hardly ever heard
「誠実」なんて聞く事も少ないが
And mostly what I need from you
でも僕は君にこそそれを求めたい

I can find a lover
恋人は見つけられる
I can find a friend
友達を見つけることも出来る
I can have security until the bitter end
辛い終わりを迎えるまでに安心を手に入れる事も出来るだろう

Anyone can comfort me
誰だって僕を慰めることはできる
With promises again
再び約束をすれば
I know, I know
わかってる それはわかってるんだ

When I'm deep inside of me
僕が思いに深く浸るときは
Don't be too concerned
あまり構わないでいて欲しい
I won't ask for nothin' while I'm gone
そんな時には何も求めていないから
But when I want sincerity
でも僕が真摯さを求めた時は
Tell me where else can I turn
どこを向けばいいのか教えて欲しい
'Cause you're the one I depend upon
君は僕の頼れる唯一の人なのだから

Honesty is such a lonely word
「誠実」なんと虚しい言葉
Everyone is so untrue
誰もがとても不誠実なのだから
Honesty is hardly ever heard
「誠実」なんて聞く事も少ないが
And mostly what I need from you
でも僕は君にこそそれを求めたい


こう云う気持ちは今でも自分の中にもあるかな…。

僕も相変わらずちょっと心が病んでるかも…。



にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

勉強しなかった御蔭で
全く意味は解りませんw
でもこの曲は好きでした(^^)
いぬふりゃ☆さんの翻訳で
要約意味が解りました!
ありがとうございました~♪

おはようございます('ω')

自分は子供時代5歳上の兄と同室で、
その兄が中学ぐらいから洋楽にハマり部屋でガンガン鳴らすようになったので、
その影響で自分も洋楽に詳しい小学生になってしまいました。

ビリー・ジョエルの「Honesty」も懐かしいですね。
当時は歌詞も全然わからず聴いていましたが、
和訳してみると結構ネガティブな内容なんですよね。

他にもサイモン&ガーファンクルの「The Sound of Silence」、
ギルバート・オサリヴァンの「Alone Again」とか好きでしたが歌詞が…
特に後者は歌詞の内容がかなりキツいです(;゚Д゚)

Re: タイトルなし

>>変な釣り人さん

おはようございます。
いや~自分も学生時代英語は赤点キングで全然でしたよ。
長い事外国にいて外国人ばかりの中で過ごしてる内にいつの間にか…って感じです(笑)
確かに親しみやすい曲調で聴きやすい曲ですね。内容が切ないですが。
でもゆっくり歌ってるし難しい言葉も使われていないので、
学生さんとかの英語の勉強にはいいかもな~と思ったりします。
あ、いやいや、こんなのでもお役に立てたなら幸いです~。

Re: タイトルなし

>>らすさん

おはようございます。

兄姉がいてその影響で…というのは王道パターンですよね。僕もそのクチです(笑)
うちは姉が中学生の頃にa~haとかばっかり聴いてましたね。
当時の自分にはわけわからんかったですが、やたら綺麗な旋律だなと感じたのは覚えてます。
Honestyの歌詞は、ビリー氏が心を病んでいた時に書かれたそうで、
同じ様な経験のある自分には暗い内容でも「何か解るな~…」という感じです。
こんな気持ち、知らずに生きてる方が幸せか、知っている方がいいのか…。

Sound of…は外国に居た頃友人(ベルギー人)がしばしば口ずさんでたので覚えてますが、
この曲を意訳でも和訳しようとしても難し過ぎです。言葉が深すぎる(汗)
僕も歳が歳なので流石にalone againという曲は知らなかったので聴いてみましたが…
「うわ~…(汗)」ってなりました…
ビルから飛び降りるとか歌にするってマヂですか(汗)
でも、歌詞と似たような経験もしてるので、気持ちは解らなくも無いかな…。

この曲、聴いたことはありますよ。
意味は初めて何となくわかりました。

「alone again」も初めてラジオで聴いたときは衝撃で、曲名聞きそびれて、その足でレコード店に走り、ハミングで店員さんにこの曲が欲しいと言ったら、「ギルバートオサリバン」ですねとアルバムを一枚選んでくれました。

あとカーペンターズの「青春の輝き」なんかも好きです。
この狂った世界で本当に愛してくれる誰かを求めていたとかってフレーズが。
そんな存在はいなかったという感じです。

ただ、そういう寂しさを感じてる人がこの世界にはたくさんいるんだと、その共感がちょっと孤独を癒してくれたりします。


翻訳機能使わずに
あたしが辞書使って訳したらこうはいかないだろうなあ汗
と思いつつ。

いぬふりゃ☆さんは手探りで、
何かを見ないようにしながら
何かをみつけようとしてたのですね。

Re: タイトルなし

>>すてらさん

こんばんは。

昔々にCMにも使われていましたし、この曲は結構有名かもですね。
しかし意訳がまずくてすみません…(汗)
Alone Againと言う曲は知らなかったので今回初めて聴いてみました。
旋律だけだとわかりませんが、かなり凄い歌詞ですよね…。
頭を英語モードにして聴いて、また日本語モードに戻して頭で訳してみてびっくりでした。
カーペンターズも自分と時代が違うので良く知らないんですが、
たまにどこかで聴くとすごい綺麗な声で上手ですよね。
狂った世界…確かに昔も今も変らず、何処もかしこもイカレてますね(汗)
寂しさ辛さ、遣る瀬無さ…日々感じています。
こんな世の中とは早く縁を切りたいなあ…そう思うこともよく有りますね…。

Re: タイトルなし

>>ぴょん吉さん

こんばんは。
あー、多分翻訳機能使っても意訳は出来ないと思われます(笑)
自分が書いたのは「だいたいこんな意味」って感じなので直訳とはかけ離れてると…うむ。
直のままだと全然ちゃう意味になることも多々あります。
Up to you(U)って言い方がありますが、直訳だと意味不明ですよね…。

そうですなぁ、あの当時自分は何かを見つけようとしてたんでしょうか。
でも僕はそこまでカッコいい人間でもないので…
今もそうですが、昔もかなり冷めた目で世の中を見ていた気がします。

こんばんは!
試しに翻訳かけてみようかしら…!

画像いただいて掲載させていただきましたっ
というご報告と
少し温もりますように

こんばんは!
すいません...この曲は名曲なのは間違いないのでしょうが、今日初めて聴きました!
なんとも切ない曲調で・・・
歌詞にも書かれていますが誠実な人なんてほんの一握りですよね。
誰もが不誠実...言えてると思います(笑)
いぬふりゃさんの心の孤独を埋めてくれるような人は今後現れないものでしょうかね・・・?

ああ、この曲知っています。
一度は聞いた事あるような有名な歌のようですね。

意味は初めて知りました。
洋楽って、後から意味を知ってびっくりなんて事よくあります。
いぬふりゃさんの意訳、深い言葉ですね。

学生の頃は、英語が一番苦手でした。
音楽と先に出逢っていればなぁ・・・同じかな?
でも、こんな美しい詩の世界になら、心惹かれたかもとか都合よく考えたりしますね(#^.^#)

Re: タイトルなし

>>ぴょん吉さん

こんつくは。

翻訳にかけて…っと仰るので試しにワイもやってみましたが…
ん~何か違う感じに。自動翻訳の限界を見た感じ(汗)

ほいほい、御存知の通り見せていただきましたよ~。
何だか他所様で自分の描いたのを見ると気恥ずかしいですな…(照)
ぬくもり、おおう…今日は妙に暑いのでエアコンをですね。
って、そういう意味じゃない?(笑)

Re: タイトルなし

>>ANTARESさん

こんぬつは。
おおぅ…ANTARESさんはこの曲ご存知ありませんでしたか。
まーだいぶ古い曲ですし無理も無いですよ。
この旋律にビリーさんの何だか訴えるような声で、何とも言えない感じですよね。
僕もそこそこ長く生きて来ましたが、確かに世の中誠実な人間なんて殆ど見たこと無いです。
誰も彼もずるくて身勝手で…うんざりしますね(汗)
心を埋めてくれる人…色々有ってからのち、暫く探してみましたがどうにもならず、
今では自分は死ぬまで独りでやって行くんだなと思ってますね…。

Re: タイトルなし

>>umiさん

こんにちは。

ある一定の年齢から上の世代の方には良く知られた曲かもしれませんね。
内容は別にして「聴いた事ある」って方は案外多いのかも知れないです。

洋楽が好きという若い方でも、ナニを言ってるのか解っておられないってのはありがちで…
少なくとも中学生の頃の自分もそうでしたから(笑)
で、昔に入手したCDとかを英語が聴き取れるようになった今になって聴き直すと、
「あーそう云う事だったのか…」と思ったりします。
ん~いやいや、翻訳家の方なんてもっともっと素晴しい解釈をなされるので、
僕の適当な訳なんて全然ですよ(汗)

僕も高校時代とか英語は全く駄目でしたけど、海外でもまれていつの間にか喋るように…。
今思うと日本の英語教育なんぞ何の意味も無いですね。教員の発音すらダメダメだし。
せいぜい単語の語彙がある程度増えるくらい…って感じかなぁ(汗)
僕は中1の甥に“使える英会話”を教える事があります(笑)

こんばんは

この曲聴いたことありますね
しんみりとしたメロディーにこの
どこかしっとりとしみるような歌声

Re: タイトルなし

>>荒ぶるプリンさん

こんばんは。

プリンさんもこの曲ご存知でしたか。やっぱり有名なんですね。
旋律も歌詞も切なくて、聴いてると泣きそうになりますね…
今のビリーさんが歌われると結構迫力あって、それはそれで聴き応えがあります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) ☆Hogering LineBreaker☆. All rights reserved. Template by Underground
まとめ