☆Hogering LineBreaker☆

夜陰に紛れ、孤独に(?)釣りしてます…(ΦωΦ)フフフ…

怪奇と幻想の物語。 

昨日…

病院がちょっと長引いて、思ってたよりは遅い時間に帰宅。

長い時間の外出に疲れ、横になりつつ何となくPCに落としてある音楽など流して…。


P2230001-hon.jpg

僕は古典ホラーもの小説の愛好家でもあるのですが、その流れもあって…
(右のハードカバー版のポー全集とかは既に骨董書です笑)

聴いていたのは主にこれでした。↓↓


P2220002-003.jpg

The Alan Parsons Project
“Tales Of Mystery and Imagination”1976

これはあのEDGAR ALLAN POE氏の作品をイメージして制作されたアルバムです。

そして今僕の手持ちは比較的新しく出されたCD2枚組のデラックス版。

日本版があるのかどうか知りませんが僕が持ってるのは海外版です。なので日本語解説とか一切無し(笑)

以前持ってたものは多分姉のところにあると思われ…。

曲目は、

1 A Dream Within A Dream
2 The Raven
3 The Tell-Tale Heart
4 The Cask of Amontillado
5 Dr. Tarr and Professor Fether
6 The Fall of The House of Usher
  Prelude
  Arrival
 Intermezzo
 Pavane
  Fall
11 To One in Paradise
12 Bonus Material~…


という感じで、クラシックホラーのファンなら思わずにやっとしてしまうタイトルが並びます。

原作の持つある意味楽曲的なイメージを崩すことなく、全体的にいい雰囲気が出ているアルバムだと思います。

僕の個人的感想をうだうだ話すよりは実際に聴いて頂く方が良いと思うのであれこれ言いませぬ。

ようつべにもフルアルバムでUPられてますので良かったら検索してみて下さい。

流石に…アルバムを丸々そのまんまここに貼るのは憚られ…なので(;^_^A

とりあえず、ちょっとだけリンク貼っておきます。古典ホラーファン・怪奇ファンにはぜひ見て頂きたいッ!

日本のラノベ等の幻想小説なんかとは全く違ったイメージの世界、新鮮に感じられると思われます。

当然ですが萌え要素なんか皆無ですからね(笑)

聴きながらどれだけイメージを広げられるか?聴き手を試している感じもあって、そこもまたニヤニヤしてましまうポイントかも知れませんね。( ̄ー ̄)ニヤリ

ずっと前に自死してしまった、芸術家だった幼馴染も…ポー文学の世界を愛していたっけか…。


P2220005-006.jpg

こちらはThe Alan Parsons Project最後のアルバム、“Gaudi”

そのまま題名通り、スペインの建築家Antonio Gaudí氏をイメージしたアルバム。


P2220004-005.jpg

解説文も当然日本語なんかじゃありません(笑)

シンプルでありながらクオリティの高い楽曲もさることながら、この潔いまでにシンプルなジャケットのデザインもなかなか秀逸。

これも海外版ですが多分あま〇んとかでは入手可能だと思いますので、騙されたと思ってお聴きになるのも良いかもですよ。

しかしこれも含めてThe Alan Parsons Projectの楽曲は聴き手のImaginationが求められます。多分。

la Sagrada Família/聖家族贖罪教会
一曲だけ貼っておきます。

The Alan Parsons Projectの楽曲を聴いていて思うのは全体的にコアなプログレっぽいので、

好きの嫌いの愛だの恋だのって言葉で埋め尽くされた今の可愛い系アイドル歌謡に浸ってる方とかには…ちょいと敷居が高いかも知れませんが…。



にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

category: まぁ色々

TB: --    CM: 10   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2018/02/23 20:01 | edit

Re: タイトルなし

>>鍵コメさん

ん?あい。了解しました。
後ほどお伺いしますね。

いぬふりゃ☆ #- | URL | 2018/02/23 20:31 | edit

こんばんは!
聴いてみましたがそこらのロックやポップスと違って色んな要素を取り入れてるっていうか前衛的な音楽って感じがしますね。
そして動画で流れる画像が一々怖いです(笑)確かにこの曲調ならホラー物と合いそうですね!
そういえばプログレの中でもプログレッシブメタルならよく聞きます!ドリームシアターとか。

ANTARES #- | URL | 2018/02/23 23:13 | edit

Re: タイトルなし

>>ANTARESさん

こんにちは~。

お!さっそくお聴きくださいましたか。
仰る様に色々な音楽要素が絡まってて面白いですよね。
これの後半とかになるとオーケストラ何かまで加わって来るようになります。
え、あ、画像怖かったですか(汗)
音楽だけ流してるよりこういうのもあった方が…と思って選んでみましたが…(;^ω^)
題材になってるポー文学はホラー要素幻想要素など色々なんでこんな感じに…なんでしょうね。

プログレメタルってのもなかなかコアですよねぇ。全盛な(?)きゃぴきゃぴアイドル歌謡とは次元が違い過ぎ(笑)
ドリームシアター…知ってる人は知っている…ですけど日本で人気あるんですかね???
何しろプログレ系とか全く可愛くないからなぁ~(笑)

いぬふりゃ☆ #- | URL | 2018/02/24 14:44 | edit

外国のホラー映画は本当に死霊の世界に導かれるようで怖い。でも好きです。
自分のエドガー・アラン・ポーは「ポー→江戸川乱歩→江戸川コナン」程度の認識でよく知りません。
「乱歩」どまりですからそろそろ「ポー」まで行ってみたい、なんて思っているところです。

ミドリノマッキー #- | URL | 2018/02/24 17:49 | edit

おお・・・なんかまともなブログだ(^o^)

本の表紙とかデザインがいいですねー
昔は児童が読むものから
エグいものまで長々読んでました

小説は漫画と違って頭の中で風景を想像するからこそ
創造力が鍛えられますな(^o^)v

みけねころんそう #- | URL | 2018/02/24 20:50 | edit

いいですね! 今日のBGMにして聴いております!(>v<*)
仕事やイヤなことでくさくさした感情を拭えそうです。
むしろ妙な励ましソングよりずっと良い…!

ポオの作品といえば、お父んの本棚にもありました。
(あたしは作品にはちゃんと触れてないんですスミマセン)
詩人のランボオとかもポオに影響されたとか。
※お父んはランボオの大ファンです

ぴょん吉 #- | URL | 2018/02/24 21:27 | edit

Re: タイトルなし

>>ミドリノマッキーさん

こんばんは~。

外国物のホラー映画…一概にどうとは言えませんが、ひたすら血飛沫が飛ぶだけの中身の無いモノから、
奥行きのある心理的な恐怖を扱う作品まで様々ですよね。
僕としては必ずしもハッピーエンドにはならない、そういう作品も好きです。
コナンは問題外として、乱歩先生の作品も和テイストながらいいですね。
二銭銅貨とか幻想文学じゃないですが面白かったです。
ポー文学は意外に読みやすいかもなので、試しに読まれるのもいいかもです。

いぬふりゃ☆ #- | URL | 2018/02/24 21:54 | edit

Re: タイトルなし

>>みけねころんそうさん

こんばんは~。

>おお・・・なんかまともなブログだ(^o^)
いつもは超不真面目でグッダグダでやってますが、たまにはこういう事もあるんです(笑)
ていうかブログでのアホっぷりはリアルの自分とだいぶ違います。

最近流行りのラノベとかは論外かもですが、本の装飾、表紙、挿絵…いいもの結構ありますよね。
こういう方面では「萌え?何ですかそれ」みたいに今風じゃないのが好みです。
児童が読むもの…S学生の甥に「論語」を与えた僕はやっぱり変人(笑)

マンガって絵を直接与えられてしまうので想像の余地ないですよね。
僕は小説読んでたら自動的に頭の中で映像化してます~(/・ω・)/

いぬふりゃ☆ #- | URL | 2018/02/24 22:04 | edit

Re: タイトルなし

>>ジャバ・ザ・レッドぴょん吉さん

こんばんは~。

多分これ、ぴょんさんの好みにハマるかもと思ってましたがビンゴでしたか?(笑)
嫌な事が多い時は幻想の世界に逃避するのがええですね。
このアルバムは全体的にこういう妖しい雰囲気なので通しで聴かれるのもお勧めです。

ぴょんさんのパパりんちょもポー文学を…!
あ、でもなんかお好きそうだなという気はしますな(ノ∀`)
そういう方面の趣味…ワイと気が合うかも知れませぬ…。

乱暴、いやランボーの詩集とか持ってませんが、日本の詩人で僕が好きな中原中也さんもランボーお好きだった様です。
日本の作家で思い出した。宮沢賢治全集を姉の家に貸し出したままだ…(汗)

いぬふりゃ☆ #- | URL | 2018/02/24 22:15 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者の数

地球儀

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

リンク

かれんだぁ

QRコード