無愛想野良エアモデラー黄昏の日々。

模型ったり釣りしたり…。

ご挨拶。 


当ブログにおいでいただきまして誠にありがとうございます。m(_ _)m
気まぐれに更新しています。どうぞゆっくりご覧になって下さい。

ちなみにこの記事は「ご挨拶」ですので新規更新は次の記事からになります。
コメント等頂けますとチビって喜びます。お気軽にコメント頂けると嬉しいです。
管理人の気まぐれで極たまにスケベなイラストが混じる時がありますのでご注意ください。
そのテがお嫌いな方はそっとこのページを閉じられる事をお勧めします…。

※※ 御注意 ※※
尚、管理人が不快と感じたコメントは問答無用で削除し、その様な悪意のコメントや荒らし行為を行った者に対しては容赦無くアク禁にしますので悪しからず…。
それと匿名の方(通りすがり、名無し等含む)のコメント等も勝手ながら基本的に目を通さず承認せず削除します。
ハンドル名であろうと発言するには名を名乗るのが最低限の礼儀だと僕自身が勝手に考えているからであります。

それとイラストリクエスト及び模型のリクエスト等は基本的にお受けしておりません。

ちょっと前置きが長かったので少し短くしてみました。
2019年01月29日改編。

1103x03.jpg

1103x06.jpg

0223a10x01.jpg
ぽつぽつと模型を作ったりします。
玄人さんにはとても及ばないですが模型歴だけはそれなりに長いです。
メインは飛行機でしたがクルマやガンプラも混じります。
戦闘機が多いですが戦争が好きな訳ではありません。飛行機の飛び立つ姿の美しさが好きなのです。(#^^#)

tg0213saszxz005.jpg
↑相当な天然で変人、アホの子な涼月詩織さん(左)
 気弱で何かにつけてとばっちりをくらう嶋乃ある子さん(中)
 えらくぶっきら棒な超絶ガサツ娘砂原鈴音さん(右)
 何処かのキャラのコスプレをしていたり…どいつもこいつもヘンな娘達です…。

0910gbk122201.jpg
↑隙あらばけしからん行為を繰り返す詩織一味に手を焼く良識派の越後理子(ゴリ子)さん(左)
 &「自称・詩織のライバル&当ブログ一番のアイドル」の川部由子(ブー子)さん(中)
 (虹きゅーぶさん画)
 ちょいちょい出て来ますが僕の描いたちゃんとした絵は出て来てませんね…。まぁいいか。
 そして詩織達3人に座られてはお尻で破裂させられる可哀想なボール(右)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



2037/08/08 Sat. 00:00  edit

Category: まぁ色々

tb: --  |  cm: 38

top △

また、特に何もしない日々。 

昨日及び一昨日。

特別これと云った用事も無く静かに過ごしていました。早朝と深夜の散歩はいつもの事ですが…

この2日間はこちらでも2月にしては異様な暖かさでしてまるでいきなり初夏がやって来た様で、僕も日中上はTシャツだけで過ごしておりました。

特に用事は無かった訳ですけれど、それでも普段車椅子で過ごしている母親の歩行訓練に付き合って近所の農道を一緒に歩いたりなどはやっていました。

母親は数年前に事故に遭って以来長期入院を経てその後は車椅子生活ですが、最近は短い距離ならゆっくりですけれど自分の脚で歩き回れるまでに回復しています。

そんな母がゆっくりゆっくりと歩く横を僕は一応杖を持って見守りながらついて行く。そんな感じです。

基本的に僕が外出する時は一人きりで行動するのですが、母のリハビリなどは例外ですね。

昨日もそのリハビリの後、夕方に独りで海辺まで赴いて。

飛び石連休の中の平日でしたので普段の平日よりも人が来ているかも知れぬと思いつつ海岸に向かいましたが結局殆ど人影は見えず。

いつも歩いて通る砂浜の外れのテトラポットに腰掛けて、持参していたハーモニカなど吹きつつ夕暮れの時間を過ごしておりました。

西に沈みつつある太陽を眺めて、その空の様子から「明日も晴れだな。」などと思いながら。

やがて暮れ始めた空に星が1つまた1つと瞬き始めた頃、帰途につきました。

0222q01.jpg
昨日の午後の空。雲はおろか霞も出ていない満点の青空でした。

僕は新聞の御天気欄やTVの天気予報など見ずとも体感する湿度の変化や風や気圧の動き、そして空の様子を観察して御天気の今後の変化をだいたい察知できるのですが…

どこかで見聞きした話によるとこれは田舎の住人の特性の1つらしいとの事でした。本当なのかは判断つきかねますが。

どうも僕はこういう感覚が過敏な様でして。他にも人や動物の姿は見えずとも気配を察知したりなどその場の微妙な雰囲気を感じ取る事が可能だったりする変な所があるのですが…

そしてこれは不思議なのですが電話が掛かって来ると表示を見るまでも無く誰から掛かって来たのかが何となく判る、そういう少し妙な特技が有ったりします。

それでも人間達の中に居たとしてもその場の空気を読む事は出来ません。俗にいう"KY"という奴です(笑)

動物や植物の微妙な機微は敏感に感じ取れますが人間のそれは無理です。動物にはほぼもれなく好かれるのですが人間には嫌われる事が多いのはそう云う事も理由の1つなのでしょう。



公式動画です。

暮れて行く空に星が瞬き始めやがて星々の輝きが天に満ちる…そんなイメージなのでしょうね。


製作を始めますよと言いました件のAV-8Bのプラモデルですがまだ部品の切り出しも行っていません。

慌てて作る必要も全くありませんので、出来たら今週の内にでも着手すれば良いかな?という感じですね。

0222q02.jpg

箱を開けて中身をざっと確認して。

ひと通りチェックしてみたところでは部品の欠損などは無さそうです。

画像にも写っているデカールですが、劣化を遅らせるためにチャックの付いた袋に入れて保護しています。

0222q03.jpg

組み立て説明書。

ざっと目を通して見たところでは特に組み立てで工夫が必要な所は無さそうですが…わかりませんけども。

こればかりは仮組してみなければ何とも言えないのが本音です。

説明書は何度もじっくり覚えるほど読み返して。注意点を探して行きます。後で「しまった」とならぬ様に。

使用する塗料の方は全て手持ちで揃っていますのでその気になり次第いつでも製作に入れます。


Bk030906.jpg
ブー子「作るって言っておきながらまだパーツの切り出しすらしていないのねッ!」
   「一体いつまで説明書ばっかり眺めてるのよッ!」


ponchsankara011401.jpg
管理人「まあ…なんだ、急がば回れとも言うじゃないか。慌てても良い事無いんだよ。」

Sa032601.jpg
ある子「説明書の内容を覚えるのと自分なりの組み立て方を整理するのが大切なのですね。」

ponchsankara011401.jpg
「簡単に纏めるとそう云う事だな。」




にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村







2021/02/23 Tue. 10:10  edit

Category: まぁ色々

tb: --  |  cm: 10

top △

また春の陽気。 

本日の空模様は朝から雲一つない快晴です。

正午過ぎの戸外の気温は18℃。暖かい南風が吹いてまた春の陽気が戻って来た様です。

朝からはまた海辺まで出かけて潮風に吹かれて来ようと考えていました。しかし予定外の用事が入って…。

お昼を過ぎてからでも海岸に行けるよね、そう思っていましたがよく考えれば今日は土曜日。そして久しぶりの暖かい日。

という事で眺めの良い場所や海岸はひょっとしたら何人もの観光客が来ていて喧しいかも知れない…。

そう考えてしまって結局海辺まで行く事は諦めました。

地元の方々がちらほら歩いて居られる程度なら僕も気にしませんが、他府県(特に都会)から来る人々は此方の人々に比べるとやはり何だか喧しいというか。

静かな自然の中に来るのだから静かに自然を楽しめば良いのではないかと思いますが、他所から来る人々は何故にあんなに騒々しいのか…。

そして折角きれいな砂浜だと云うのにBBQなんぞやらかして汚さないで欲しいし出したゴミも残して行かないで欲しいです。そんな連中を見かけるととても残念な気持ちになります。

近くでキャーキャーと騒がれると僕は心がざらついて来ますのでそういう輩がやって来る事の有る土日祝日は海辺には近付かない様にします。

そういう訳で…僕は自宅の庭に出て、煙草など吸いながら早春の陽射しを浴びてゆっくりしています。

先日まで作っていましたプラモデルも完成したという事で何だか一仕事終えた満足感の様なものを仄かに感じながらの、ゆったりした土曜日です。

………。



お借りした動画。

空を見上げながらこの曲が頭の中で流れて居りました…。


夕方近くなって。庭先で煙草を吹かしているといつも土曜にやって来る豆腐屋さんのラッパの音が響いて来ます。

あの、何とも言えぬ少し寂しげにも聴こえる何だか懐かしい音色…自分で住んでおきながら「ここは田舎だなあ…」しみじみ耳を傾けてしまいますね。


そして。何だか手持無沙汰なので次に製作するプラモデルのキットを選んでいました。

大型機も良いかな?と考えはしましたが、気分的な問題で小型機にしようと決め、積みプラの中から幾つか引っ張り出して来てそれぞれの説明書に目を通し…

0220hr01.jpg

結局これに決めました。1/72スケールのAV-8BハリアーⅡプラス。

部品の総数は85個くらい。小さい模型の割に手ごたえが有りそうという事でのチョイスです。

これをまた何週間も掛けてゆっくり製作して行こうかなと考えています。

0220hrp005.jpg

一応何冊か資料を出してはきたけれど…

この本にハリアーⅡなんて載ってるのかしら??


0220hr02.jpg

尚、このハリアーのキットをストレート組みすると翼下のパイロンが幾つか遊んでしまうので、こちらの武器セットから幾つか武器を選んで遊びそうなパイロンに取り付ける事にします。

何を取り付けるかはまだ決めていませんけれども。

そうだなあ…来週末辺りから作業を始められたら良いかな。


0220sk01.jpg
0220sk02.jpg

展示棚を整理してみたついでに出してきました。

恐らく15~6年前辺りに作ったと思われる二式戦闘機・鍾馗です。

今とはかなり作風が違います。確か当時は博物館に展示されている様な綺麗な機体を目指して作った様な。

長くやっている内に自分でも作る模型の雰囲気は変わっていくものなのですね。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村







2021/02/20 Sat. 16:20  edit

Category: プラモデル製作

tb: --  |  cm: 16

top △

意地悪娘、完成しました。 

昨日から此方でも急に寒さがぶり返して来ました。雪も降っていました…。

そんな寒さの中で屋外での用事などまっぴら御免だという事でどうしてもやらなければいけない用事の時以外は部屋に引き籠ってプラモ作りを進めて居りました。

さすれば、予定していたよりも早くに完成してしまいました。

今回の作業日数はだいたい2週間半くらいでしょうか。ゆっくりやってた割りに早かったです。

0218wcx01.jpg

そんな感じで完成した模型ですが改めまして…

製作してみましたのはタミヤ模型1/48スケール、グラマンF4F-4ワイルドキャットで御座います。

F6Fと比べてみるとよく判るのですが、F4FはF6Fに比べると一回り小柄ですね。それだけF6Fがでかいという事なのでしょうけれども。

今回の塗装及びマーキングは太平洋戦争初期の頃、正規空母レンジャーに搭載されていた部隊のものを選んでみました。

0218wcx02.jpg

チッピングやウェザリングですがあまりにやり過ぎると僕の腕ではただ汚いだけになってしまいそうでしたので、そこそこでほどほどな程度に抑えておいたつもりです。

忘れる所でしたがF4Fは戦争前半のアメリカ海軍の主力艦上戦闘機です。


0218wcx05.jpg

横から見ると特にそのずんぐりむっくりな胴体がよくわかりますね。

アンテナ線ですが今回もすぐに切れてしまう事を見越して取り付けておりません。


0218wcx04.jpg

主脚は胴体にはまり込む様に収納されます。

恐らく主翼に脚を取り付ける方式に比べて主翼の構造をシンプルに出来るという事でこういう脚の収納方法になったのではないかと思います。


0218wcx06.jpg

機体腹面。

増槽が2つあるだけで他の装備は何もありません。シンプルです。

第二次大戦期の戦闘機というのはだいたいこういう感じですね。


0218wcx07.jpg

煙草のパッケージとの比較。

1/48スケールですがそれほど大きい訳ではありません…。


0218wcx08.jpg

スラッとしている訳でも無くぽっちゃりさんであまり格好良いデザインとは言えないかも知れませんが、

このブサカワ具合が僕は結構好きだったりします(笑)

後写真を幾つか。

0218wcx09.jpg

0218wcx10.jpg

0218wcx11.jpg

0218wcx12.jpg

今回は時間をかけてゆっくり作業したつもりですが、それでもまだ自分の思い描いていた雰囲気にはちょっと及ばずという感じになりました。

多分もうほんの少し質感の表現を変えるだけで理想に近づけるとは思うのですけれども、自分にまだ足りない部分が何なのかがまだわからなくて。

それがわかりさえすればもう1段階ステップアップ出来ると思うのですが難しいですね。( ̄▽ ̄;)


Bk030906.jpg
ブー子「ワイルドキャット!出来上がったのねッ!!早速アタシの部屋に飾らせて貰うわッ!」

Sa032601.jpg
ある子「そう言えば…今回は脚まわりやキャノピーの製作の記事が無かったですね?」

gk030901.jpg
ゴリ子「アフォな管理人がね…写真撮り忘れたんですって(汗)」
   「それで仕上げの工程も全てすっ飛ばしていきなり完成記事になったみたいよ。」


suzune030902.png
鈴音アフォは氏ななきゃ治らない…」( ´,_ゝ`)プッ

gk030901.jpg
「ところであのアホの子詩織の姿が見えないわね。何処行ったのかしら?(汗)」

Sa032601.jpg
「推して知るべしと言うものだと思います…(汗)」
「さっきバレーのボール持って何処か行っちゃいましたよ?」


gk030901.jpg
(◞≼۞ื≽◟゚;益;◞≼۞ื≽◟)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村







2021/02/18 Thu. 15:19  edit

Category: プラモデル製作

tb: --  |  cm: 26

top △

F4F-4製作。デカール貼りまで、 

昨晩は結構な強風が吹き荒れていましたがそれも今朝になって収まり…

本日はまた麗らかな春の陽気です。

しかし最近続け様に地震が起きていますが地震の有った地域の皆さん大丈夫でしたでしょうか。

こればかりはいつ何処で起きてもおかしくない事だけに他人事では無く不安になりますよね…。

備えだけはきちんとやっておきたいものです。

今朝、また早くに起床してほぼ日課になっている田舎道の散歩を楽しんでから引き続きプラモデル製作作業をちまちまと行っていました。

デカールも全て貼り終えましたのでそこまでの流れをざっと振り返ってみようと思います。

0215wcy02.jpg

先ず排気管やアレスティングフック(着艦フック)等この段階で取り付けられる細かいパーツを取り付け、

そして航空灯の塗装などを行いました。


0215wcy01.jpg

次に各部のチッピング(塗装剥がし)をやりました。

この作業はあまり派手にやり過ぎない様に注意して…。あまりに塗装剥げの面積が大きくなると大戦末期の日本軍機みたいになってしまいますからね。

ほどほどにぼろっちい感じが表現出来れば良い事にします。


0216wci01.jpg

そしてスミ入れを行った後に軽く汚しを入れました。

何だか一気に汚くなっちゃいましたが多分大丈夫。デカールを貼れば良い塩梅になると思いたい。

スミ入れに使用したエナメル塗料ですが今回はブラウンが強調される色になる様調色して使いました。

此処まで出来れば少しずつ彼方此方を修正してその後全体にクリアーを吹いてウェザリング(汚し)などが剥げ落ちない様に保護しておきます。


0216wci02.jpg

そしてデカールを貼りました。

今回はデカールの枚数が20枚と少ししか有りませんでしたのでものの数時間で全て貼り終えました。

妙にパリパリした質感のデカールでしたので所々ひび割れが生じましたが、その部分はタッチアップして修正しておきました。

いつもの如く何種類かのマーキング候補が有りましたが今回は正規空母レンジャーに配備されていた部隊のマーキングを選んでみました。

いつもの事ではありますが、デカール貼ると一気に雰囲気が変わります。

大き目のデカールが多い事もあり乾燥には時間を取ります。そうですね…このまま一晩程置いておきます。

デカールが乾燥すれば次にデカール保護と表面の質感を均す意味も含めてもう一度クリアーを吹き付ける事になりますが…それは明日以降の事ですね。

完成までにはもう少し時間が必要の様です。

10311802.jpg

昨年作ってみたF/A-18Eスーパーホーネット(ライノ)。

飛行機も大戦当時はF4F-4ワイルドキャットの様なプロペラ機であったのにたかだか40~50年でこんな感じに進化するとは…

技術の進歩は凄いですね…( ̄▽ ̄;)



今回も模型作業をしながらこういう感じの曲をエンドレスで流していました。

変だと思われるかも知れないですが…何故かこう云った曲調は落ち着くのです…。

この動画もCMが入るかも知れませんが御了承頂ければ幸いです。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村







2021/02/16 Tue. 16:04  edit

Category: プラモデル製作

tb: --  |  cm: 12

top △

何でもない日曜日。 

夕方。誰も居ない海岸まで出かけて海を眺めていました。

砂浜に突っ立って。沈みゆく夕陽をじっと見つめていました。

考え事は山の様にあるけれど、この時だけはその全てを放棄してただぼんやりと。

頬を撫でる風に天候の変化を感じ取る。夜は雨になるな…

夕日が沈み空が茜色から群青色へと変わりつつある中を僕は帰路につきました。

車で帰宅した後、まだ夜の雰囲気を楽しみたく思い懐中電灯を手に散歩に出ます。

真っ暗な闇の中。誰にも会わない散歩は至高の時間。

道中の煙草屋で煙草を買い、いつものコースを歩いて帰宅。

すると、それとほぼ同時に雨が降り始めました…。

暖かい雨です。その柔らかな雨音を聴きながら杯に少しだけ注いだ酒をこれまた少しずつ喉に流し込み…

雨音をバックに音楽など聴いて…独りの夜は更けて行きます…。




広告が入るかも知れませんが…。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村







2021/02/14 Sun. 22:58  edit

Category: まぁ色々

tb: --  |  cm: 6

top △

F4F-4製作。基本色を塗りました。 

皆様こんにちは今晩は。(-。-)y-゜゜゜

本日のこちらの地方は気温が20度近くまで上がりまして春の陽気でした。

空も良く晴れて。鳴き声につられて上を見上げるといつもの様に鳶が大きく弧を描いて旋回していました。

庭先に腰掛けて煙草に火を点け紫煙をくゆらせていると玄関前の花壇に今年一番の蝶々が…。

羽に紋も入っていませんし小柄なのでキタキチョウだろうと思います。

その愛らしい姿を眺めながらのんびりしたひと時を過ごしておりました。

ところで…。

僕は喧しいというか騒々しく耳障りだという理由でテレビのバラエティ番組等は一切見ないのですけれども、

中でもとあるグルメ番組(?)が好きではありません。あの、何か食べる毎に「うまっ!」と叫ぶ某番組です。

その「うまっ!」という言い方がどうにも品が無くて好きになれなくて。

不特定多数の人々が見ている前でその言葉遣いは無いだろう?と。

心が狭いとかそれくらい許してやれ等と言われそうですけれど…話し言葉の悪い人は御里が知れるとはよく言ったものです。

しかし僕の親戚の子(と言っても二十歳過ぎていますが)も、あまり普段の話し言葉がよろしくない。

何かしてあげると、「あざーっす!」なんて言うのでその都度叱ります。ちゃんと言いなさいと。

あの子達にとっては僕は口うるさい叔父さんかも知れませんが、きちんと話せなくて後々困るのは本人達ですから。

言葉は生き物。時代と共に変わって行くのは当たり前ではありますが、あまりに下品なものの言い方は如何なものかと常々感じています。

さて。

本日は休み休みしながらもF4F-4のプラモデル製作の続きを相変わらずやっておりました。

昨夜からちまちまとマスキング作業を始めており、それが午前中に終わりましたのでやっと機体全体の塗装に入りました。

何だかんだとやっている内に夕方には基本塗装が終了しましたのでそれまでの流れを書いておこうと思います。

0213wcf01.jpg

コクピット、エンジンカウル、そしてランディングギア収納部にマスキングを施した状態。

カウルのマスキングは胴体に接着する前に予め内側からテープを貼っています。塗装が終われば外側に引っ張ると剥がせる様になっています。

そしてギア収納部にはチリ紙を詰めてマスキングです。いや、でもこの方法ってマスキングと言えるのか?(笑)

塗装に入る前に尾翼の外せる部品は外しておきます。

0213wcf02.jpg

最初に全体的に目の細かいサーフェイサーを吹き付けます。

缶スプレー式のサーフェイサーですが直接缶から吹き付けたりはせず、一旦エアブラシに移してから吹いています。

あちらこちらの合わせ目などをチェックしましたが段差も何も出ていない…OKです。

この上から更に下色を薄く塗装し、さらにチッピング(塗装剥がれの表現)をする下処理のために所々にシルバーを吹き付けて行きます。

シルバー吹きが終わったら、塗装の剥がし表現をやりたい部分に筆塗りでシリコンバリア―を塗ります。

そしてさらにその上からパネルラインにそって艶消し黒でシャドウを吹いて行きます。

0213wcf03.jpg

シャドウを吹き終えてようやく機体色を塗装しました。

ここは塗装指示図の通りに上面はミディアムブルーと艶消しホワイトを3:1で混ぜた色を吹き、大戦初期の米海軍機の塗装を表現…出来てるかな(汗)


0213wcf04.jpg

機体下面はスカイグレイと艶消しホワイトを2:1で混合した色を吹きました。

ほんの少しイメージと違う感じになりましたが…まあ80点という感じでしょうか??

兎に角機体の基本塗装が出来ました。この後、細部の塗装を施してから軽くチッピングを行いその上からクリアを吹いてスミを入れて…という流れになります。

まあ完成はまだまだ先ですね。(-。-)y-゜゜゜





にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村







2021/02/13 Sat. 20:25  edit

Category: プラモデル製作

tb: --  |  cm: 6

top △