☆Hogering LineBreaker☆

☆Hogering LineBreaker☆

釣りしたり絵を描いたり模型ったり…。


ご挨拶。


当ブログにおいでいただきまして誠にありがとうございます。m(_ _)m
気まぐれに更新しています。どうぞゆっくりご覧になって下さい。

ちなみにこの記事は「ご挨拶」ですので新規更新は次の記事からになります。
コメント等頂けますとチビって喜びます。お気軽にコメント頂けると嬉しいです。
管理人が少々変態なのでたまにスケベなイラストが混じる時がありますのでご注意ください。
そのテがお嫌いな方はそっとこのページを閉じられる事をお勧めします…。

※※ 御注意 ※※
尚、管理人が不快と感じたコメントは問答無用で削除し、その様な悪意のコメントや荒らし行為を行った者に対しては容赦無くアク禁にしますので悪しからず…。
それと匿名の方(通りすがり、名無し等含む)のコメント等も勝手ながら基本的に目を通さず承認せず削除します。
ハンドル名であろうと発言するには名を名乗るのが最低限の礼儀だと僕自身が勝手に考えているからであります。

ちょっと前置きが長かったので少し短くしてみました。
2019年01月29日改編。

0514tb0012.jpg

0407sdk01.jpg

0428tndtp01.jpg
ぽつぽつと模型を作ったりします。
玄人さんにはとても及ばないですが模型歴だけはそれなりに長いです。
メインは飛行機でしたがクルマやガンプラも混じります。
戦闘機が多いですが戦争が好きな訳ではありません。飛行機の飛び立つ姿の美しさが好きなのです。(#^^#)

MASCOTARUKO01.jpg
↑2019年の看板娘・嶋乃ある子さん。
(某懐かしのキャラクターの衣装をアレンジしたものです)

身長約140㎝台、体重40㎏弱。3サイズ等不明。
前看板娘・涼月詩織さんの後輩にあたるらしい。
すっとぼけた詩織さん、ガサツな鈴音さん達に振り回される可哀相な子。結構気が弱い。
昔はツッコミ役だったのにどうしてこうなった(汗)

tg040801.jpg
↑先代看板娘・相当な天然で変人、アホの子な涼月詩織さん(左)
 気弱で何かにつけてとばっちりをくらう嶋乃ある子さん(中)
 えらくぶっきら棒な超絶ガサツ娘砂原鈴音さん(右)
 
gb030901.png
↑隙あらばけしからん行為を繰り返す詩織一味に手を焼く良識派の越後理子(ゴリ子)さん(左)
 &「自称詩織のライバル」の川部由子(ブー子)さん(右)
 (虹きゅーぶさん画)

ちょいちょい出て来ますが僕の描いたちゃんとした絵は出て来てませんね…。

まぁいいか。



スポンサーサイト

積みプラ消化企画パート②

本日も朝から晴天で…暑くなってきました。( ̄▽ ̄;)

近隣の田んぼの田植えも始まっているからなのか、雨蛙ちゃん達が終日賑やかです。

陽が暮れてから煙草を一服しようと縁側に出てみると、雨蛙の大合唱が聴こえ…

それに加えて夜啼きの鳥の声、多分螻蛄だと思いますが「ジー…」という大きな鳴き声も聴こえます。

橙色の小さい灯りだけをぼんやりと灯し、それらの声に耳を傾けながら僕は黙って煙草を吹かすのです。

こういう時は何も考えたくない。ただ自然の空気に包まれながらぼんやりと夜を過ごす。

そういえばもうそろそろ蛍の飛び交う時期になって来たな…ちょっと近くの川縁まで夜の散歩も悪くない。

無粋な奴等の邪魔さえなければ良い時が過ごせるだろう…。



お借りしてきた動画を貼らせて頂きます…。


さて。

先日製作が終わったスピットファイアの模型なんですが、やっぱりどうも自分では納得しきれていない部分が有ると云う事で、その反省も含めて続け様に何か作ろうか…と云う事で、

0524rd00.jpg

レシプロ機のプラモデルの在庫を出してきて…

どれを作るべか?と考えたのですが…


0524rd01.jpg

次は多分これ行きます。あくまで「多分」だけどね(笑)

「え~?なんで絵を描かないの?(´・ω・`)」と思われた方が居られたらどうもスミマセン…。

普段から低空飛行な僕の心、そのしんどさを一番忘れさせてくれて没頭出来るのが模型作りなんです。

イラストって…描きながらわりとあれこれ他の事も考えてしまうので模型作るより心がしんどい部分がありまして。

この心のもやもやした感じがもう少し晴れてきたらまたイラストも描くと思います。


0524rd03.jpg

で、その雷電のキットですが言うほどパーツも多くはない。100個以下かな??


0524rd02.jpg

説明書は相変わらず不親切なアレですけどね。まあデフォと言えるでしょう(笑)


0525shc01.jpg

塗装に使うクリアカラーが無くなって来てたので買ってきました。

ちなみに自分はスミ入れもデカール貼りも終わってからクリア吹くので水性塗料でイケます。

だがしかし…


suzune030902.png
鈴音「駄菓子菓子…」


0524rd04.jpg

手持ちの塗料で十分間に合うだろうと思っていて、でも一応確認してみたらコクピット色が空っぽになっちょったというドン臭さ…( ̄▽ ̄;)

suzune030902.png
「クリアだけ買ってきて他に必要なの買って来ないとか…アホなの?マヌケなの?」( ´,_ゝ`)プッ

pyonsan032601.gif
管理人「多分どっちもだと思います…(汗)

と云う訳で、足りない塗料は来週の通院の帰りにでも購入してこようと思います…( ̄▽ ̄;)


SS030909.png
詩織「私…最近何だか影が薄くなって来た気がするんですけど…」
  「次の出番はいつになったらやって来るんですか…?」(´・ω・`)


pyonsan032601.gif
管理人「待て待て。まぁ全く頭に無いわけでも無いから…」

0525psan0001.gif
(イラストbyぴょん吉さん)
「それにこの左の人もそのうち出さないとって思ってたりもしてるのよ…」

gk030901.jpg
ゴリ子「…思ってるだけでしょ?(汗)」

SS030909.png
「こ、この人は…!」(◎_◎;)
「私のボール座りの師匠だった佳奈さん…!!」
「佳奈さんがオシリでボールをパンクさせる音は一味違っていて…」(〃▽〃)ポッ


gk030901.jpg
「え”!…まさかの詩織系変態娘!?」(:″*゜;)






スピットファイア製作記その④・一応完成(汗)

皆さんこんにちは…(;^_^A

何だか今日はえらく暑くないですか?気のせい??

窓開けてるとそれなりの風も流れて来るんですが今日は近くの道路を走る車やバイクの音がやたら耳障りで窓閉めるんですが、

そうすると部屋の中暑くて(汗)やむを得ず扇風機回しています。

さて。

ちゃららら~っと作って来たスピットファイアのプラモデルですが、何か出来てしまいました。

古い積みプラの消化という意味も含めて作ってみてたのですがいざ始めるとなかなかにムキになって…(汗)

それでも何だか精神的に不安定で安定剤の力を借りつつ作業していたという感じは否めず、作業手順がわからなくなって混乱したりと良い事は無かった感じで。

結果的にあんまり良い出来栄えにはなりませんでしたが、一応「作ったぞ」と云う事でUPります…。

と云う事で改めまして…今回作ってみましたのは…

0524sp00313.jpg

スーパーマリン・スピットファイアMk.Ⅴbさんでございます~。

タミヤ模型の1/48スケールになります。

このキット…多分15年くらいは積みっぱなしだったと思うんですがようやく作ったという感じ(笑)

自分としてはあまり納得の出来栄えでは無いですが、積みの消化という意味では作った意義があった様な無かった様な…ワケわからん(笑)

0523sp504.jpg

同じものなのに写真の写り方が全然変わってしまうのは何でや。

まだスマフォでの撮影に慣れていないからなのか…。


0523sp5031.jpg

今回の機体のマーキングですが、アドルフ・ギズバート・マラン中佐“Adolf Gysbert Malan”の乗機のものにしてみました。

誰やねんと思った方は「マランの空戦十則」でググるとよろし。


0524sp005.jpg

一応今回の製作における方向性みたいなものが有ったとすれば、ウェザリングやチッピング等は極力やらないで、いわば机の上にポンっと飾っておけるような小綺麗な模型を作る…といった感じでしょうか。

歴戦の勇姿をリアルに作ると云うより、マスコット的な意味合いを強めに求めたと言うか。

そして第二次大戦機だと中途半端に艶のある塗装がされた機体も結構あるので、今回の模型は艶を強めに出してみました。

英国機だったら半艶(セミグロス)な塗装も多かったみたいですし…。


0523tbc001.jpg

煙草の箱との大きさ比較。

1/48スケールなので大き過ぎず小さすぎずのお手頃サイズ??


0523tmyspt01.jpg
タミヤ模型公式HPより引用。

タミヤ模型さんのHPに載ってる作例はこんな感じですが…だいぶかけ離れちゃいました(笑)


bfsp001.jpg

ずいぶん昔に作った独逸機と一緒に記念撮影。

こうして見ると昔作ったプラモって…へったくそやな~…(-_-;)


0523sp5011.jpg

サイドヴュー。

ん~…色が変わって写ってしまうのは何故なのか…


0523sp05.jpg

太陽光の下で。

多分ですがこれが一番本当の色に近い様な気がしないでもない…( ̄▽ ̄;)


0524sp006.jpg

今回の製作は…キャノピーの部品にクラックが入っちゃって急遽パーツを取り寄せた以外は大してミスも無く進んだにも関わらず、

テンポが悪くバタバタと作業した挙句思った通りに作れなかったと云う事で56点です。

かなり辛い採点ですが自分的に納得出来ていない部分が多いので仕方ないですね。

やっぱり自分にとって英国空軍機は鬼門やな…( ̄▽ ̄;)






スピットファイア製作記その③・デカール貼り。

皆さんこんにちは~(≧▽≦)

本日は良いお天気になってるいぬふりゃ☆地方ですが…皆さんの所は如何でしょうか?

晴れ渡って湿度も低めで絶好の模型日和!!

と云う事で今回はデカール貼りの作業をやって行こうと思います。( ´∀`)bグッ!

そういえば注文していたキャノピーのパーツですが多分今夜か明日にでも届くみたいです。思っていたよりお値段が安くて助かりました。


0522spf000.jpg

ええと先ず…

デカールを貼る前に部分的に軽くウォッシング作業とスミ入れをやっておきました。

この作業、デカール貼ってクリアを吹いてからされる方も多いのですが、自分はマーキングをハッキリさせたいので順序が逆になっています。

スミ入れに使ったエナメル塗料は、今回はフラットアース3:フラットブラウン2:フラットブラック1の割合で混ぜたものを使いました。

汚れやスミが真っ黒だと何だか違和感があるのでこういう色にしてます。


0522spt01.jpg

ちまちまと貼って行きます…。

デカールが古いので今回はリキッドデカールフィルムをあらかじめ塗布してデカールを補強してあります。

そしてそのデカールの糊が硬くなってて台紙から剥がれ難くなってるのを見越して、ぬるま湯ではなく熱いお湯を使って作業します。

これやるとデカールもフニャッフニャになるんやけど…いつまで経っても台紙から剥がれないよりはマシ(笑)

そしてこのキット、国籍マークの部分は2重に重ねてデカール貼る様になってます…。


0522spr02.jpg

デカールの枚数も少ないので数時間で貼り付け作業は終了~\( 'ω')/

そうそう、このキットの説明書なんですが所々指示がおかしい部分があるので要注意でした。

デカールの指示間違いもさることながら、塗装色の間違いもチラホラと…。

例えばプロペラのブレード、XF-18(ミディアムブルー)で塗れと書いてあるんですがこれはX-18(セミグロスブラック)の間違いだと思われます。

何だかそういう「は?(・・?」と感じる間違いがえらい多いな(汗)


0522spt004.jpg

デカールがある程度まで乾燥して来たら、今度はシルバリング(白浮き)消しを行いますね。

これはちゃんと貼ったつもりでも乾燥させるとデカールが浮いて来て白っぽく見える部分をマークソフター(矢印)を使って修正していく作業です。

白浮きしてる部分をちみっとデザインナイフで突いて僅かな切れ込みを入れ、その上からマークソフターを沁み込ませて綿棒などで圧着させていきます。

シルバリング消しが終わったらこのまま一晩放置して完全乾燥させ、その上からクリアを吹きます…。

実はランディングギアのパーツの塗装等は全て終わってるので取り付けるだけなんですが、その作業はクリア吹きとキャノピー塗装が終わってからやるつもりです。

と云う訳で今日の作業は御終い~。


Sa032601.jpg
ある子「管理人…今回はここまで来るのがはやかったですね…
    いつもだったら1週間はゆうに掛かってるのに…???」


gk030901.jpg
ゴリ子「何かさ、部品少ないし造形がシンプルだしやり易いみたいよ。
    確かに現用のジェット戦闘機より昔のプロペラ機の方が作り易いって説もある様ね」


Bk030906.jpg
ブー子「エエッ!じゃあアタシのエリア88登場機シリーズはどうなるのッ!?
    まさか管理人…このままレシプロ機ばかりを作るんじゃ…(汗)」


gk030901.jpg
「あの駄目犬…気まぐれだからね(汗)」
「記事にはしてないけどこっそりガンプラ作ってる事もあるし…」


Sa032601.jpg
「実は結構無節操なんですよねあの駄目犬…(汗)」






スピットファイア製作記その②・基本塗装。それと追記。

みなさまこんにちは。(≧▽≦)

天候が不安定で気分も不安定ですがどうにか生きてるいぬふりゃ☆です。

てことで前置きの駄文はすっ飛ばして、いきなり製作記に入ります。

①が無かったのに何で②から始まるんだよ!…みたいなツッコミはスルーさせて頂きます(笑)


0520spt01.jpg

機体の基本部分の組み立てが済んだところで、塗装に入る前にコクピット部分をマスキングです。

ここまでの組み立て手順ですが、説明書の通りには作っていません。

書いてある通りに組み立てていくと絶対キレイに完成出来ないのが目に見えてるので…。


0520spt02.jpg

下地を塗装します。ちなみに今回もサフ抜きで塗装していきます。

ワシ、あんまりサーフェイサー吹くの好きじゃ無いんです。( ̄ー ̄)ニヤリ

下地に使ったカラーはどこかそこら辺に余ってたグレー。


0520spt03.jpg

シャドウ吹きをやって行きます…。

かなりザックリですがどうせあんまり見えなくなるのでキッチリやる必要は無い様な…いや、あるかな(汗)

機体色に使う色が結構隠蔽力強そうなので、シャドウも黒で強めに吹いておきます。


0520spt04.jpg

機体色の明るい方の色を先に塗装して…乾いたら怒涛のマスキング地獄!!

でもまあ大して難しくは無い感じです。構造がシンプルな機体なのでマスキングしていくのは割りに簡単。

この工程に関しては現用ジェット機の方がはるかにムンドクさい…。

いつもの事ですが色の境目を若干暈してやりたいので型紙は機体表面からわずかに浮かせてます。


0520spt05.jpg

そしてこんな感じに…。

プロペラ、スピナー、銃身はまだ塗装してません。

う~んまあまあでしょうか。特に悪くも無いけど取り立てて良いという感じでも無い(笑)

ちなみにグレーの部分は指定より若干青味を強く、濃い部分は緑っぽさを少しだけ強調して調色しました。

これから細かい部分の塗り分けをしてそれから軽くウォッシング…からの~デカール貼りですね。

そういえば先日破損しちゃったキャノピーパーツですが、数日以内に届くみたいです。




実物のスピットファイア・マーク5の動画をお借りしてきました。

う~ん…この色がすごく微妙で難しい…。


0520tnb01.jpg

父方の郷里でこんなのもろて来ました。

ちなみに自分が幼少期を過ごしたのは母方の郷里です。

来年の大河ドラマは自分の御先祖の御主君がついに主役になるとか?で一部で盛り上がってるらしいです(笑)

その御主君は良いとして、丹波の赤鬼・赤井直正…マイナーだよなやっぱり…( ̄▽ ̄;)

それでも一応自分と無関係ではなく…いろいろ辿ると実は繋がってたりするのですよこれが…。

赤井直正をWikiで見ると幾つかの苗字が出てきますが、井上氏・芦田氏・荻野氏etc…全部婆様方の親戚の苗字ですわい(笑)

ちなみに我が家はこれらのどれとも苗字は違います。


Sa032601.jpg
ある子「あれ?管理人…いつも作ってるジェット機じゃないんですね?プロペラが…」

pyonsan032601.gif
管理人「ふふふ…久しぶりにレシプロ戦闘機に挑戦じゃよ。
    そういえば昨年の夏(?)にP-39を作ってから1年ぶりくらいか?」


Bk030906.jpg
ブー子「スピットファイアと言えばアタシはMk.Ⅸ(マーク9)が好きなんだけど!
    何で今回作ってるのはMk.Ⅴなわけ?!」


suzune110401.jpg
鈴音たまたま手元にあったから…でしょ?

Bk030906.jpg
「そ…それだけの理由なのね…(汗)」

pyonsan032601.gif
「うん。」

Bk030906.jpg
「・・・・・・・・・」


☆ここから追記…

ニュースで知ったのですが、元F1ワールドチャンピオン、ニキ・ラウダさんがお亡くなりになられたそうです…。

何だか凄く悲しい気分になりました…。

幼少の僕が自動車に興味を持ち始めた頃、既にラウダ氏はドライバーとしてのキャリアを終えようとされていた時代でしたが幼かった僕にとってもやはり偉大な人でした。

モータースポーツがとても熱かった頃の英雄…御冥福をお祈りします…。



トリビュート動画をお借りしてきました…。






ウクライナのキットとか。

こんにちは皆様。(/・ω・)/

低気圧の接近のせいなのか頭痛が痛いいぬふりゃ☆です。

本日は朝から外出の予定だったんですがあまりの頭痛の為にそれもキャンセル。

薬飲んでダラダラ過ごしていたらちょっと動ける様になったのでこうして書いております。

先日にA-10cを作ったばかりだったのですが気分的に引き続いて何か作りたいってのがあって、昨夜は先記事で言っていたスピットファイアMk.Ⅴのプラモの部品切り出しとかやってました。

0518sp001.jpg

で、こんな感じで仮組みです。

コクピットのパーツとかは入れてませんが…まあ多分大丈夫だろう…。

いつも仮組みの段階で「あ~ここに隙間出るな」とか「ここに段差が」とか判るもんですが、このキットはなかなか優秀らしくそういう目立った欠点はありません。ピタパチって感じです。

…これは製作は意外に楽かも知れない…。

レシプロ戦闘機の1/48スケールなのでそれなりのサイズ感とお手軽感が良い感じで調和してます。

自分はいつも現用ジェット軍用機なら1/72スケール、第二次大戦のレシプロ機なら1/48スケールで作るという風に決めています。


そして…

0518fx001.jpg

入手しようかどうしようか迷ってたこの1/72スケールのMig-25のキットですが、結局GETしました!!

ハセガワ模型のマークが入っていますが中身はウクライナのメーカーの物だそうです。発売は先月の末。まだ出たばっかりのキットです。

中身が輸入物…という事で希望小売価格はかなりお高いのですが、そこは色々あって何とかお安めに入手出来ました。(ΦωΦ)フフフ…

定価だとF-2Aバイパーゼロの1/72キットの2.5倍くらいの御値段ですよ…( ̄▽ ̄;)

小型機を好んで作るワシですが、たまにはいいよねこういうのも。

このキットのスケールも1/72ですけども完成寸法が315×189㎜と結構な大きさです。


0518fx002.jpg

箱の中身はこんな感じ。出来上がり寸法のデカさに比べてそんなにパーツが多いって感じでも無い??

箱自体は大き目ではありますが厚みがあんまり無い感じ。

そして組み立て説明書ですが小型戦闘機のそれと違ってちゃんと冊子になってます。

限定品なので売り切れると次いつ入手できるかわからないので、今回さっさと手に入れましたが作るのはちょっと先の話になるでしょうね。引っ越し終わってからとか。




お借りしてきた実際のMig-25の映像。

やっぱりでっかい飛行機ですね~。かっこいい!(≧∇≦)


0518fx003.jpg

ついでにこのキットもゲットしました。

1/72スケールのF-106デルタダート。今時こんな飛行機知らないよって方も居られそうですが…

ずいぶん昔、中学生の頃に作った事があるんですが懐かしくなってもういっぺん作ってみようかなと。

昔のキットなので当然モールドは凸。設計も古いですがそこら辺はテクとやる気でカバー(笑)

懐かしい飛行機をカッコ良く作ってあげたいです。(≧▽≦)


そういえばメッセで一見さんから「どんな道具を使えばそういう風に(ワシが塗ってる様に?)塗れるのかという質問お受けしたんですが…

ワシは数千円の安いコンプレッサーにシングルハンドのエアブラシ使って、気圧調整はメーターも付いてないしょぼいレギュレータ付けてるだけです。ダブルハンドも持ってはいますが手入れが面倒で使ってません。

なので、塗装に使ってるエアブラシ一式纏めても1万円にもなりません。こんな程度の装備でも何とかなってます。

思う様に塗れるかどうかはどれだけ道具を使いこなせる様になるかで決まる様に思います。これは経験を積んで慣れていくしかない様に思いますが…。

0518ab001.jpg
㊨使わずに遊ばせてるダブルアクションのブラシ。
㊧使い込んでるシングルアクションの安物のブラシ。きちゃなくてごめんなさい(汗)

自分個人の考えなので人に押し付ける気は無いですが、道具が良いからって塗装が上手に出来るって事は無いです。多分(笑)

自分の知り合いでもしょぼい道具で神の様な塗装をする男が居ます。

と云う事で〇〇さん、お手持ちのツールを最大限に活用出来るように頑張って下さいね。(≧▽≦)


で…

現在制作中のものも含めて罪プラもあるのに更にキット増やして完成品を置く場所あんのかって話ですが、

0518tn001.jpg

そこら辺は抜かりなく。硝子戸付きの棚を1つ新調しました。

専用のコレクションケースだとお値段異様にお高いので、僕は食器棚を流用します。これでも十分です。

1/72スケールの戦闘機模型なら上手く入れれば16機分は入るので、これで暫くは大丈夫…だと思う(笑)

模型を作ってる間は没頭して他の事を忘れられるので心を安定させることが出来るんです。

釣りにも行かず絵もあんまり描かず、ひたすら模型ばっかり作って何やってんだって御思いの方も居られるでしょうけど、模型を作り続けている=日々精神的にかなりきつい、という事だと思って頂ければ。

もう少し心が楽になって来れたら、またお絵描きや他の事をやる時間も増えてくると思います。


☆05/19追記。

1/48スピットファイア、コクピットまわりだけですけどちまちまと作業中…

0519sp001.jpg

キャノピー被せるとどうせ良く見えなくなるのでシート周りはあっさりした塗装で…。

それでもやっぱり1/48スケールだけあってコクピットだけでもそれなりのパーツ数。

いつも作ってる1/72だとこの辺はかなりあっさりしてますが…。


0519sp002.jpg

胴体を貼り合わせてコクピット部分を合わせて接着します。

こういう所でズレたり何かってのはお約束の感もありますが、今回はピタッと合ってくれました。

画像では主翼もくっ付いてますがこれは仮止め。接着はせず合いの加減を確認してるだけです。

それで…操縦席とキャノピーの合いを確認するためにキャノピーのパーツを切り出して確認が必要なんですが…

そのキャノピーパーツ、いつもの様に2度切りで切り出して云々…ってやってたら、

「ピシッ…」という何か嫌な音が(汗)

はい。キャノピーにガッツリ亀裂が入りましたよおっかさん…( ̄▽ ̄;)

ランナー部分を切っただけでコレって…我が目を疑ったわい…。

これは…あれか。長年積みにしていたので経年劣化でプラスチックが脆くなってたのか…(汗)

普通のパーツなら修正は可能ですがクリアパーツだと多分無理。

なので仕方なくタ〇ヤさんに部品請求しておきましたよ…。

そういえば以前作ったミラージュの時も背面にガッツリとクラック入ってせっせと修正したっけな(汗)

ま、部品が届くまで他の部分の製作作業を進めます。キャノピー付けるなんて最後の最後だからね。


おまけ。

oecha0508inuf.jpg

以前にお絵描きチャットで描き殴ったラクガキ。

こんな顔だったと記憶してますが…似てるかしら?


odenpm0518.jpg
amazonより引用。

そういやぴょん吉さんが最近屋台の絵を結構描かれてるので探してみましたが…

おでん屋台のプラモ。こんなのどうですか(笑)






調子こいて次を考える。( ̄ー ̄)ニヤリ

皆さんこんにちばんは。(≧▽≦)

先のA-10cのプラモデル完成記事では思いのほか多くのコメントを頂戴しまして有難うございました。

まさかこれだけの反響を頂くとは思っていなかったので驚いてしまいました。

やっぱりA-10って人気のある飛行機なんだな~と再確認した次第です。

うん、何かこう…マイナー機ばっかり作らないでたまには有名なのも作らないといけないのだな(笑)

と云う事で…

0516mki002.jpg

次はやっとこれに手を付けてみようかと思います。

以前にちらっと「作るかも」って言っときながら流してしまった経緯があるのですが、置き場所確保の目途もたったと云う事で改めて出してきました。

gk030901.jpg
ゴリ子「あー…これ。前言ってた奴ね。ウスノログズ助もやっとやる気になったのね…」

suzune030902.png
鈴音ウスノログズ助…」(*´艸)プッ

pyonsan032601.gif
管理人「・・・・・・・・・(汗)」

0516tr001.jpg

で…ですね(汗)

このプラモデルの製作に必要なカラーはこれだけになります。結構多いですがこれで全部ではありません(汗)

影吹きだったり何だったりの小細工をするのにもう何色か必要になると思います。

現用航空機と違って形がシンプルなので製作にも塗装にも手を抜くと如実にわかってしまいますから丁寧に作業する必要がありますね。

塗装のメリハリをどうやって出そうかとまだ考え中です。

Sa032601.jpg
ある子「この塗料、わたしが買いに行ってきたんですよ…」
   「これだけじゃ無くて希釈用の溶剤やその他の物も含めて…重かったです(汗)」


gk030901.jpg
「詩織が一緒に行ったんじゃないの?」

Sa032601.jpg
「詩織さん…ボールより重いもの持った事無いから持てないって…(汗)」

gk030901.jpg
「あのアホ娘…(汗)」

0516spt0001.jpg
(手持ちの映像資料より)

塗装の表現の仕方ですが、旧日本軍機によくある様なあちこち剥げちゃってる感じにするかそれとも比較的キレイ目にするか…考えてましたがやっぱりキレイな感じにしたいかな。

なので、大戦機の塗装表現でよく行われる(気がする)チッピングなどは控えめに…。

メラミンスポンジとかでゴリゴリ削る程度で済ませるかも。

gk030901.jpg
「ゴリゴリ…あたしの事かしら(汗)」


0517fw001.jpg

実はこっちの方も密かに候補inしてるんですが…色が揃ってません(笑)

suzune030902.png
鈴音「ほっけ…ほっけうるふ…」

gk030901.jpg
ゴリ子「ホッケじゃないの!フォッケ!どこの居酒屋のおつまみよ(汗)」


TC05160012.jpg

グダグダな無駄話が続きそうなのでここで流れを切って、以前に描いた模写でも貼っておきます…。


SS031301.png
詩織「また飽きもせず模型を作るつもりなんですね…」
  「私…もうずいぶん長いこと干されてる様な気もするんですけど…」(´・ω・`)


gk030901.jpg
「アンタはいいの!出る度にボールを尻でパンクさせるんだからコスパ悪いのよ!」
「だいたいそういう変態行為を止めろって何度言えば…クドクドクド」(`皿´ )


Sa032601.jpg
「うちの管理人は自分で絵を描かずに他の方に描いて頂いて間を繋ぐ感じですよね(汗)」

psanshio0516.jpg
(ぴょん吉さん作画の詩織さんの図)
ある子「そして他の方の作品の方が実はクオリティ高いっていう…」(-_-;)

gk030901.jpg
「まぁ…複数の事を並行して出来ないし、
 何か始めたらしばらくそればっかりやってるっていう管理人の性格もアレよね…」(;´Д`)



0903shioaru0516.jpg

おまけで使い回し画像を合成してみた詩織さんとある子さん、そしてブー子さん(虹きゅーぶさん画)の図。

gk030901.jpg
「この破廉恥な変態アホ娘たち…何とかならないかしら…」ε-(‐ω‐;)

suzune030902.png
ハレンチ…ヘンタイ…

gk030901.jpg
「鈴音…あんたもよ?(汗)」

suzune030902.png
「………」


あ、そうそう…余談ではありますが…

0517rk01.jpg

FC2のブログランキングでTOP100入りしていてビックリしました。(◎_◎;)

たしかず~っと前に確認した時は200位以下だった記憶があるんですが…どうなってんだこれ(汗)






« »

05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

いぬふりゃ☆

Author:いぬふりゃ☆
画・ponchさん。

∠( 'ω')/シュワッチ!
瀬戸内生まれの関西住みですがいずれ帰郷の予定。
基本釣りブログでしたが模型やお絵描きも結構混じっております。

☆ 御注意 ☆
管理人はHFPDD(高機能広汎性発達障害)の診断を受けており、
それに付随したAD(適応障害)の後遺症を抱えている関係も有りたまにブラックなボヤキなどが入ります。
若干暗くてヤサグレてるのはそういう仕様です。
ご理解の上で閲覧下さい。

尚、上記の事柄に否定的な方や攻撃的な者との交流は致しませんので悪しからず御了承下さい。

地球儀
訪問者の数
 
ブロとも申請フォーム