無愛想野良エアモデラー黄昏の日々。

模型ったり釣りしたり…。

意地悪娘、完成しました。 

昨日から此方でも急に寒さがぶり返して来ました。雪も降っていました…。

そんな寒さの中で屋外での用事などまっぴら御免だという事でどうしてもやらなければいけない用事の時以外は部屋に引き籠ってプラモ作りを進めて居りました。

さすれば、予定していたよりも早くに完成してしまいました。

今回の作業日数はだいたい2週間半くらいでしょうか。ゆっくりやってた割りに早かったです。

0218wcx01.jpg

そんな感じで完成した模型ですが改めまして…

製作してみましたのはタミヤ模型1/48スケール、グラマンF4F-4ワイルドキャットで御座います。

F6Fと比べてみるとよく判るのですが、F4FはF6Fに比べると一回り小柄ですね。それだけF6Fがでかいという事なのでしょうけれども。

今回の塗装及びマーキングは太平洋戦争初期の頃、正規空母レンジャーに搭載されていた部隊のものを選んでみました。

0218wcx02.jpg

チッピングやウェザリングですがあまりにやり過ぎると僕の腕ではただ汚いだけになってしまいそうでしたので、そこそこでほどほどな程度に抑えておいたつもりです。

忘れる所でしたがF4Fは戦争前半のアメリカ海軍の主力艦上戦闘機です。


0218wcx05.jpg

横から見ると特にそのずんぐりむっくりな胴体がよくわかりますね。

アンテナ線ですが今回もすぐに切れてしまう事を見越して取り付けておりません。


0218wcx04.jpg

主脚は胴体にはまり込む様に収納されます。

恐らく主翼に脚を取り付ける方式に比べて主翼の構造をシンプルに出来るという事でこういう脚の収納方法になったのではないかと思います。


0218wcx06.jpg

機体腹面。

増槽が2つあるだけで他の装備は何もありません。シンプルです。

第二次大戦期の戦闘機というのはだいたいこういう感じですね。


0218wcx07.jpg

煙草のパッケージとの比較。

1/48スケールですがそれほど大きい訳ではありません…。


0218wcx08.jpg

スラッとしている訳でも無くぽっちゃりさんであまり格好良いデザインとは言えないかも知れませんが、

このブサカワ具合が僕は結構好きだったりします(笑)

後写真を幾つか。

0218wcx09.jpg

0218wcx10.jpg

0218wcx11.jpg

0218wcx12.jpg

今回は時間をかけてゆっくり作業したつもりですが、それでもまだ自分の思い描いていた雰囲気にはちょっと及ばずという感じになりました。

多分もうほんの少し質感の表現を変えるだけで理想に近づけるとは思うのですけれども、自分にまだ足りない部分が何なのかがまだわからなくて。

それがわかりさえすればもう1段階ステップアップ出来ると思うのですが難しいですね。( ̄▽ ̄;)


Bk030906.jpg
ブー子「ワイルドキャット!出来上がったのねッ!!早速アタシの部屋に飾らせて貰うわッ!」

Sa032601.jpg
ある子「そう言えば…今回は脚まわりやキャノピーの製作の記事が無かったですね?」

gk030901.jpg
ゴリ子「アフォな管理人がね…写真撮り忘れたんですって(汗)」
   「それで仕上げの工程も全てすっ飛ばしていきなり完成記事になったみたいよ。」


suzune030902.png
鈴音アフォは氏ななきゃ治らない…」( ´,_ゝ`)プッ

gk030901.jpg
「ところであのアホの子詩織の姿が見えないわね。何処行ったのかしら?(汗)」

Sa032601.jpg
「推して知るべしと言うものだと思います…(汗)」
「さっきバレーのボール持って何処か行っちゃいましたよ?」


gk030901.jpg
(◞≼۞ื≽◟゚;益;◞≼۞ื≽◟)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村







スポンサーサイト



2021/02/18 Thu. 15:19  edit

Category: プラモデル製作

tb: --  |  cm: 26

top △

コメント

こんにちは。
完成おめでとうございます。良い佇まいですね。
2週間早いですね、私には出来ないです凄い!

今週は天気に恵まれず作業ストップしてました。
強風注意報が3日間ぐらい続いていたので。
来週も状況により休む予定です。

ぬぽ #- | URL | 2021/02/18 16:09 | edit

こんばんは
昨日は名乗って良いものか分からず、名無しで失礼致しました。
YF-23を作りたい吹雪と言うものです。よろしくお願い致します。

完全お疲れさまです。
空に溶けいるような素敵な青色のワイルドキャットですね。
大戦中は安価で丈夫なことを活かし、零戦対策(と言うか相手にしない)もし、長く米海軍の空を守り続けたのは
意地悪女どころかいじらしさすら感じます。

>某ゲーム…何でしょう?エースコンバットとかでしょうか??
その通りで
>初エアモデルがYF-23とは勇者ですね…。結構大きいと思いますよ。
デカいですよね…ワイルドキャットと同じスケールなのに倍以上の全長、40cm以上あります。1/72とかでも良かったのですが、YF-23って子はなかなかキットが出ないらしく…
今は入手困難なキットですし、本番より先にF-35かSu-57あたりのステルス機のキットで練習してから手を付けてみようと思っています。
作るときはラファールやスパホの途中写真とか参考にさせていただきますね。

>中身はアンポンタンの変態さんという設定です(笑)
そう言うところも愛嬌かと!

吹雪 香 #- | URL | 2021/02/18 19:37 | edit

F4F グラマン ワイルドキャット完成おめでとうございます。

日本機と違って、馬力で押していく感じが良く出ていますね。

私も後ほど、製作してみようと思っています。

carolpapa #- | URL | 2021/02/18 19:57 | edit

こんばんは。

ありゃー 残業でイジメられてる間に完成してしまいましたね^^;
途中見逃してしまいました・・後から追いかけて観させていただきます<m(__)m>
米軍らしい雰囲気。これはうちの子も大満足だな。レシプロの音が聞こえてくるようです。
良い物を見せて貰いました。これで明日も仕事頑張れる気がします^^

ひで郎 #- | URL | 2021/02/18 22:16 | edit

こんばんは!


やっぱこのズングリした感じ、好きだなあ~。
意地悪娘、小悪魔娘、いたずら娘、何でも良いですが
『娘』って付いてると3割増しで好きになれますw

尾翼の赤白ストライプや
主翼、ボディの星マーク。
戦闘で目立ちたいのか目立ちたく無いのかと
どっちなんだろうな~と思って見てるのですが
どうなんでしょうね?俺は今回のカラー大好きですけど(^^)

変な釣り人 #- | URL | 2021/02/18 23:58 | edit

こんばんはです(^^)/

この度はグラマンF4F-4ワイルドキャットの完成、おめでとうございます!
個人的には思い入れの深い戦闘機で、制作工程もいつも以上に楽しみに拝見しておりました。
スタイリッシュな戦闘機ではなく、どちらかというと寸胴体系で好みは分かれるとは思うのですが、私はこのフォルムが結構好きだったりします。
模型としての完成度も高く、さすがはいぬふりゃ☆様ですね!私はウェザリングをあまりしないのですが、こんな汚しや剥げ表現をできるようになれればな~と憧れます(^^♪

私は最近は模型ではなく、別の物を組み立てていたのですがその辺りもご紹介できればなと思っていたりします。

ごにぎり #- | URL | 2021/02/19 01:09 | edit

Re: タイトルなし

>>ぬぽさん

こんにちは。

有難う御座います。
そしてお褒め下さいまして恐縮です。
2週間と少しの製作期間でしたがパーツが少なかったのもあって気持ちに余裕が有りました。
塗り分けが面倒でしたがそこも何とか…と云う感じです。
なによりタミヤ製だけあって組み易かったのでストレス無く作業出来ました。

製作作業はやはり天候にも左右されますよね。
強風注意報が出ていると此方でも換気装置が風で逆回転したりして使えない時があって。
状況に応じて休む事も大切だと思います。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/19 07:35 | edit

Re: タイトルなし

>>吹雪 香さん

こんにちは。

今回は改めて名乗って下さったのですね。此方の我儘にお付き合い下さり恐縮です。
中には無記名で罵詈雑言吐いていく輩もいてそういうのは無視なんですが、
吹雪さんにはちゃんとした内容のコメントを頂きましたので大丈夫でしたよ。

>完全お疲れさまです
有難う御座います。今回はタミヤのキットだけあってサクサクと作れました。
機体色は迷いましたよ。資料を漁り倒してようやく「これだ!」という色を発見して塗装しました。
そしてその色を素敵だと仰って下さって嬉しいです。
兎に角頑丈な機体だったみたいですね。組んでいてもそれが伝わってきました。
いじらしさ…なるほどそういう見方も出来ますね。意地悪女どころか尽くす女?(笑)

そして仰られていたゲームはやはりエスコンでしたか。うちの甥もやっています。
全長40㎝は大きいですね。
昨年自分が作った1/72のF-111Gも結構な大きさでしたがそれより大きいんですものね。
キットに恵まれない機体は結構ありますね。やはり出しても売れないのかな?

Su-57はどうかわかりませんがF-35だとデカールで地獄を見れそうな予感がします。
1/72でもF-35は出ていますがデカールが面倒臭そうなのでまだ入手していないんです(笑)
兎に角第5世代機がお好きなのですね。僕は個人的に第3~第4世代機が好きです。
記事ですが何かの参考になるならばどうぞご遠慮なくお使いください。

当ブログ、5名のマスコットキャラが居ますが一番まともなのはゴリ子姉さんで、
残りのメンツは大なり小なり頭のおかしい(?)子ばかりです。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/19 07:55 | edit

Re: タイトルなし

>>carolpapaさん

こんにちは。

>完成おめでとうございます
有難う御座います。今回はタミヤキットでしたのでサクサクと作れました。
そうですね…スラリとしている日本機と比べると力でグイグイ押す感じが米軍機にはありますね。
その辺りも上手く表現出来ればと思っていましたが感じ取って下さって嬉しいです。

carolpapaさんも製作なさいますか。1/72でしょうか?

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/19 08:08 | edit

Re: タイトルなし

>>ひで郎さん

こんにちは。

残業なさっておられましたか。お疲れ様です。
今回のキットは楽に組めましたがゆっくりな作業もあって18日間掛かりました。

>途中見逃してしまいました
大丈夫ですよ~。過去記事はお時間のある時に覗いて頂ければ幸いです。
しかし最後の方のギアやキャノピーの組み立て・塗装の記事を書いていないのですよね。
写真を写すのをすっかり忘れていて記事に出来ませんでした(笑)

今回のF4F、米軍機らしい雰囲気出ていますか?有難う御座います。
御子息にも及第点を頂ければ良いのですが。
こんな拙作でもお気持ちの何かのお役に立てるならば嬉しいです。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/19 08:16 | edit

Re: タイトルなし

>>変な釣り人さん

こんにちは。

このずんぐりむっくりなスタイル、妙に味が有りますよね。僕も好きです。
「娘」が付いてるだけで好感度3割増しですか(笑)
米軍は日本機に人名をコードネームとして付けていましたが、
女性名の機体はそれだけで好感度上がったりするんでしょうか?(笑)

確かに大戦初期の頃の機体マーキングは派手なものがありますね。
大きく描かれたラウンデル(星マークのあれ)は特に同士討ちを避けるための意味があるそうです。
そして全体的に派手なマーキングの機体はよっぽどのエースパイロット機か、
若しくは部隊で一番のヘタッピさんの機体に施す事が有ったそうです。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/19 08:49 | edit

Re: タイトルなし

>>ごにぎりさん

こんにちは。

>完成、おめでとうございます!
有難う御座います。
今回は部品精度で定評のあるタミヤ製という事でストレス感じる事無くサクサク作れました。
ごにぎりさんはこの飛行機に思い入れがお有りなのですね。
スラッとしてる訳でも無くぽってりと太目ちゃんですけれどそこが逆に魅力的ですね。
しかし製作中を見た知人は「何だか不細工だな~汗」って言ってました( ̄▽ ̄;)

完成度もお褒め下さり恐縮です。
ウェザリングやチッピング…方法さえ知ってさえいれば何方にでも出来る技法です。
今だとネットで探せばいくらでもやり方が出て来ますので参考になさるのもアリだと思います。

今は模型以外のものを製作されているのですね。何だろう…。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/19 08:59 | edit

見事な完成です。お疲れさまでした。

老婆心ながらコメントさせていただきますと

>主翼の構造をシンプルに出来るという事でこういう脚の収納方法になったのではないか

との御説がありますが、このグラマン式収納脚に関しましてはFF、F2F、F3Fと続くG社艦上戦闘機シリーズの複葉機時代からずっとこの構造です。
主翼の構造が簡単に出来る…という理由でそうなったわけではなく、ペラペラの複葉機時代は、引き込み式にするには胴体に収めるしかなく、それだけが理由です。本機においても実績がある方式だったので踏襲されただけで、高出力エンジンに合わせ、機体の大型化が要求される時代になるに伴い、この方式は着艦時の安定さを欠くことが予想され、続くF6Fではワイドトレッドへの変更を求められたわけで、主翼基部に移設されたました。主翼構造が問題となるならこの変更は矛盾しますが如何でしょうか?

提督の時計 #- | URL | 2021/02/19 09:48 | edit

Re: 見事な完成です。お疲れさまでした。

>>提督の時計さん

こんにちは。いらっしゃいませ。

なるほど…脚が胴体に引き込むのは複葉機時代の構造の残滓ですか。
仰られる様に確かにその通りかも知れませんね。そこまでは頭が回らなかったです。
1つ勉強になりました。有難う御座います。
確かにF4F、F2A等以前の複葉戦闘機の構造はそうなっていますね。
着艦、着陸の安定を求める為のワイドトレッド化。納得出来るお話です。
大いに為になりました。重ね重ね有難う御座います。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/19 10:15 | edit

完成おめでとうございます。

金属疲労感出ていて
良いですね。

私も、このくらいレベル高くなりたいですね。

ストーム #HGuTeJ5Y | URL | 2021/02/19 23:39 | edit

こんばんは
完成おめでとうございます

スッキリとした雰囲気ですね。
こういったスッキリした仕上げをいつも心がけるのですが

上手くいかないんですよね。

この作品はお手本にさせていただきます


完成お疲れさまでした

ムー #- | URL | 2021/02/20 01:26 | edit

ついに完成ですねおめでとうございます!
まだまだ生み出したい理想はありますな
これは職人の永遠のテーマですな!

なんて( ◜‿◝ )

みけねころんそう #- | URL | 2021/02/20 05:11 | edit

Re: 完成おめでとうございます。

>>ストームさん

こんにちは。

金属の疲労感…正直そこまでは頭に無かったのですが、
それでもちょっとくたびれた感じを狙ったので其処を感じ取って頂けたなら嬉しいです。
こういう汚しや剥がれなどは程度が難しくてなかなか思う様に行きませんけれども…。

やり方とちょっとしたコツさえ掴めば何方にでも出来ますよ。
チャレンジなさってみては如何でしょうか。(#^^#)

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/20 10:36 | edit

Re: タイトルなし

>>ムーさん

こんにちは。

>完成おめでとうございます
有難う御座います~。

スッキリ目に見えますでしょうか!
今回は汚す所と汚さない所を明確に分けてウェザリング等やってみたつもりですが、
それを感じ取って頂けたならば嬉しいです。
しかしその汚し方のメリハリのバランスが難しいのですよね(汗)
お手本だなんて滅相も無い…。
こちらこそいつもムーさんの作品の美しさに「凄いなあ~」と思っている位ですから…。

皆さんそれぞれ作風が個性的で色々勉強になりますよね。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/20 10:43 | edit

Re: タイトルなし

>>みけねころんそうさん

こんにちは。

有難う御座います~。
今回は部品数の割に時間かけましたがその分いつもより出来は良くなったかな?と思います。
そうですね…理想はありますけれどまだまだ手が届きませんね。

>職人の永遠のテーマ
これは確かにそうですね。絵描きにしろ模型師にしろ目標とする理想が有って、
そこに少しでも近づこうとするものですよね。

最近みけ~さんちは覗かせて頂いても読み逃げでスミマセン。
急に此方をガン無視する様になったお方の名前をコメ欄で見ると何も書けなくなってしまうのです…。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/20 10:50 | edit

こんばんは。完成おめでとうございます。てか、遅くなりまして(笑)。

下から見るとお腹がポンポコリンに張っていて、小振りで短い脚を精一杯突っ張って、可愛いですね。
俯瞰で見ると四角い主翼を真横に広げて、威張って見えます。それも可愛い。
あでも、詩織さんの方が可愛いです。

カバ男 #- | URL | 2021/02/20 22:20 | edit

Re: タイトルなし

>>カバ男さん

こんにちは。

>完成おめでとうございます
有難う御座います。どうにか出来上がりました。

F4Fは胴体の中程から翼が出ていますから裏から見るとお腹が目立ちますよね。
このスタイルは日本の紫電何かと似ていますね。
胴体外に見えている脚は短足ですけれど機体内部にかけて結構長いシャフトが伸びているんです。
主翼の広げ方が威張って見えますか。それも面白い見方ですね。
全体的に…小さい子が精いっぱい背伸びをしている様な?そんな感じでしょうか。

>詩織さんの方が可愛い
アホの子な上に変子ちゃんの変態ですが…それでも良いですか?(笑)

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/21 09:25 | edit

遅ればせながら
完成おめでとうございます!

このボディーカラー凄く好きな色味です。
上品で良き良き♪

アンテナ線、貼らない主義なんですね。
慎重ないぬふりゃさんが意外です。

それにしても製作速いですね~。

ピカギリ #- | URL | 2021/02/22 19:47 | edit

Re: タイトルなし

>>ピカギリさん

こんばんは。

>完成おめでとうございます!
有難う御座います。(#^^#)

この色、お好きな色でしたか。
どうしても米海軍機と言えば大戦末期の暗い青色を思う浮かべてしまいがちですが、
大戦前~大戦初期のこういう色も良いですよね。
しかし調色にはちょっとばかり手こずりました…。
アンテナ線ですけど昔は律義に張っていたんですよ。
しかし月日が過ぎるといつの間にか切れてたりする事が有って、それ以来張らなくなったのです。
そして段々と張る事自体が面倒に…あ、何でもありませんよ(笑)

今回はタミヤのキットでしたので意外にちゃっちゃと作業が進んだのはありますね。
他の所のキットでしたらもう少し時間掛かったかも知れないです。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/22 21:03 | edit

完成おめでとうございますヽ(^o^)丿
いつもながらプロはだしの出来栄えですねー。
キレイに塗装するだけじゃなくて、ウェザリングも絶妙ですね。
グラマンは太平洋戦争時の米軍機だったんですね。
太平洋戦争時の米軍機はエノラ・ゲイくらいしか知りませんが、
エノラ・ゲイは爆撃機でしたね。失礼しました。

荒野のネチコマ(仮) #7yu2AX4I | URL | 2021/02/23 00:16 | edit

Re: タイトルなし

>>荒野のネチコマ(仮) さん

こんにちは。(#^^#)

>完成おめでとうございます
有難う御座います。
今回のキットはタミヤ製だけあってとても作り易かったです。
流石にプロい方々には及びませんけどね(笑)
僕はまだまだヘタの横好きレベルだと自分では思っているのです。
それでも色々お褒め頂いて恐縮です。

グラマン社…大戦期から戦後しばらくはメジャーな飛行機作っていましたけれど、
いつの間にやら他社と合併して社名がちょっと変わっちゃいました。
エノラ・ゲイとボックス・カーは日本人にとっては忘れられない機体ですし有名ですね。
飛行機に詳しくない方でもB-29は知られていますから、
日本では今でも特に有名な飛行機のひとつではないでしょうか。

いぬふりゃ☆ #.P90fYoE | URL | 2021/02/23 08:23 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △